top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「この日は主が造られた」 

◆初代クリスチャンたちは、「主の初めの日」に復活の主にお会いしたので、このときから主の初めの日(第一日)=日曜日に礼拝や聖餐式をするようになりました(参照:ヨハネ20:1,19,26、使徒20:7、第一コリント16:2)。私たちの教会では「主日礼拝」との言い方が定着しています。これは「この日は主とお会いする日」「主を礼拝する日」という意味合いが濃いようです。ちなみに、聖書において「主の日」は終わりの日や最終的なさばきがなされる日、再臨等を指しています(参照:イザヤ2:12,ヨエル2:11第一テサロニケ5:2、第一コリント1:8など)。

◆私たちはこの週の初めの日を主のために過ごすように設定して行動し、備え、使い、ささげます。そうすることによって、自分の人生の主人は主なる神であり、人生は主のためにあり、主のために生きることを目的とするのだという新しいスタートラインを定めることができます。毎週、私の前に主を置くことにより、新しくされる恵みをいただきます。よく、映画やドラマ、歌などで感動するとき、自分が生まれ変わったような気分になることがあります。私は幼少期、カンフー映画を観た後は、すぐにその気になって兄に戦いを挑んだものでした。そんな刷新が毎週なされるのは、礼拝の持つ力、ダイナミックさを再認識させてくれます。

◆この日は主が造ってくださる新しい日、新しい週、新しい人生の始まりです。どんな状態でもよい。どんな気分でもよい。開かれている神の家の扉から入るとき、私たちは心身が洗われ、主によって新しくされるからです。こんな素晴らしいみわざを日曜を主のための日として始めるだけで体験することができます。そして、自分だけでなく隣人、さらにこれから救われるたましいのために、それぞれを主の御用のためにささげ、さわやかな喜びをいただきたいと願います。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Comments


bottom of page