top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「やってみると答えられる」

◆先週主の日の午後はアスレチックフェスタを壱岐公園で開催しました。陽が射してカラダを動かすのに最高の環境を主は備えてくださいました。そして、時間になると配布した3つの小学校全てから子どもたちが来てくれました。それぞれにお誘いした家族もおいでくださり、小学生24名、中高生6名、それに大人たちで貸し切り状態の公園で存分に楽しみました♪子どもが無邪気に楽しむ姿、中高生がさらに夢中になる姿、大人がハンカチ落としで全力疾走する姿・・・どれも微笑ましい場面ばかり。もっとも大事なメッセージにも子どもたちが勢いよく反応を返してくれ、主イエスの御名と教会学校・礼拝の案内をクライマックスになるように、主がしめくくってくださいました。

◆今回のフェスタで学んだことは、①まずはやってみること ②主は答えてくださることの2つです。①まずやってみるは、今回コロナで休止していた小学校前での配布を再開したことです。教会学校教師会で提案されたこの案はすぐにみなの了承するところとなり、教会近くの壱岐東小だけでなく、壱岐、石丸小と近隣を広くとらえて配布しようとなりました。トラクト作成にも複数の方がかかわり、見栄えもよいものが、期日内に仕上がりました。配布も2日間にわたり、12名が奉仕されました。中には初めての方もおられましたが、恐れは喜びに、緊張は励ましに変えられる経験をするものです。②主は、これらに答えてくださる真実なお方です。決して聖徒の祈り、涙、奉仕を無駄にはされません。当日はこれらの答え合わせを目の前で見ているような不思議な気分です。◆これから主のためにやってみようとチャレンジを受けたなら、ぜひ招きを受け取り、奉仕の機会を捉えてください。その先に、主の見せてくださるみわざがあります。ご一緒に経験していきましょう。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆今週から教会の暦は「アドベント・待降節」となります。クリスマスの前にこの「アドベント」が備えられているのは、私たちがいきなりクリスマスを向かるのではなく、備えつつ、待ち望みつつ過ごすことが大事だからです。「アドベント・待降節」は文字通り、イエス・キリストの降誕を待ち望む期間です。語源となっているのはラテン語の「アドベニオー」で、それは「立ち起こる」という意味となります。ここからアドベンチャー・冒

◆現在、執事会や牧師宣教師夫妻ミーティング(together)では福岡めぐみ教会が次の宣教をどのように取り組むのか、祈りつつ話し合っています。開拓以来26年間、入江牧師、直美伝道師によって聖書にもとづいた堅い土台の上に建てられたこの教会。牧師交代を経験し、さらにここから宣教に向かって前進していきたいと願っています。パイオニアズ宣教団を通して3組もの宣教師をこの教会に送ってくださっていますことにも主

◆私たちはインプットとアウトプットを繰り返しながら生きています。例をあげれば、食べる→動く、勉強する→試験を受ける、思考する→発言するなどたくさん思いつきます。またこれには人それぞれのバランスがあるので、インプットが得意な人とアウトプットが得意な人がいます。インプットに傾いている人は、思慮深い、よく本を読むなど特徴がありますが、逆に内省的、物静かといった見られ方をすることもあるかもしれません。アウ

Fukuoka Megumi Church

bottom of page