top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「やってみると答えられる」

◆先週主の日の午後はアスレチックフェスタを壱岐公園で開催しました。陽が射してカラダを動かすのに最高の環境を主は備えてくださいました。そして、時間になると配布した3つの小学校全てから子どもたちが来てくれました。それぞれにお誘いした家族もおいでくださり、小学生24名、中高生6名、それに大人たちで貸し切り状態の公園で存分に楽しみました♪子どもが無邪気に楽しむ姿、中高生がさらに夢中になる姿、大人がハンカチ落としで全力疾走する姿・・・どれも微笑ましい場面ばかり。もっとも大事なメッセージにも子どもたちが勢いよく反応を返してくれ、主イエスの御名と教会学校・礼拝の案内をクライマックスになるように、主がしめくくってくださいました。

◆今回のフェスタで学んだことは、①まずはやってみること ②主は答えてくださることの2つです。①まずやってみるは、今回コロナで休止していた小学校前での配布を再開したことです。教会学校教師会で提案されたこの案はすぐにみなの了承するところとなり、教会近くの壱岐東小だけでなく、壱岐、石丸小と近隣を広くとらえて配布しようとなりました。トラクト作成にも複数の方がかかわり、見栄えもよいものが、期日内に仕上がりました。配布も2日間にわたり、12名が奉仕されました。中には初めての方もおられましたが、恐れは喜びに、緊張は励ましに変えられる経験をするものです。②主は、これらに答えてくださる真実なお方です。決して聖徒の祈り、涙、奉仕を無駄にはされません。当日はこれらの答え合わせを目の前で見ているような不思議な気分です。◆これから主のためにやってみようとチャレンジを受けたなら、ぜひ招きを受け取り、奉仕の機会を捉えてください。その先に、主の見せてくださるみわざがあります。ご一緒に経験していきましょう。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教会総会に際して」

◆本日は教会総会を開催します。年に1度の改まった会議になりますが、以下3つの点に留意しながら有意義な営みとしましょう。 ◆1つ目は回顧するためです。「主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな」(詩篇103:2)と命じながら信仰生活を歩んだダビデに倣います。2023年の恵みを思い返し、それに対してどのように計画していたか、それがどうなったかを確認します。「主のあわれみ・・・朝ごとに新しい」(哀歌3

「山本明子姉の召天」

◆2月10日、土曜の夜山本明子姉が召天されました。およそ2年4カ月におよぶ闘病生活でした。私自身は病院での明子姉との交わり、記憶しかありませんが、めぐみ教会の皆さんや入江先生ご夫妻から明子姉の信仰の姿についてたびたび教えていただきました。病院を訪問した際、明子姉は言葉を話すことはできませんでしたが、瞳、顔の表情、声で交わりをもってくださいました。また賛美をすると涙を流され、帰りにはしっかりと手を握

「会話における男女の違い」

◆私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団というグループに属しています。今は265余の教会・伝道所が日本とカナダ(1教会)にあります。本日は月刊機関紙「世の光」が配布されていますので、ぜひお読みになってください。国内の教会や国外の宣教地、信徒や教会の証し、また教会と国家や社会問題、被災地や福利厚生などどこからでも関心を持てる記事を見つけることができます。 ◆その中で12ページに掲載されて

コメント


bottom of page