top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「より深く神を知る」

◆先週は齋藤五十三先生をお迎えしての礼拝、月曜は講演会でした。先生を通して多くのことを教えられたことと思います。私自身も力強く、大胆にみことばを語られる先生から強く心に残ったことがあります。恵みの分かち合いとしてここに記します。

◆主日礼拝説教は使徒16章6-10節から「道を閉ざし、道を開く神」と題してのメッセージでした。中でも「道を閉ざす神」に思いがとどまりました。パウロが福音宣教のために旅をしている中で「聖霊によって禁じられた」「イエスの御霊がそれを許されなかった」とはっきりと道を閉ざしている箇所です。福音宣教は素晴らしい働きであり、みこころにかなったことであるのにその行く手を閉ざすこともある神。道を閉ざすことで、主は何を教えようとされているのでしょうか。それは、人間とは弱く、もろいものだと知るためだと先生は語っておられました。 道が閉ざされた時、人は落胆し、動揺し、不信仰な思いに至ることもあります。けれども、目の前が暗くなり、思い通りにいかないそのとき、もどかしさをちゃんと味わうことが大切なのではないか。そのことを教えるためにもこの聖書個所があるのではと思わされました。あのパウロでさえ、そのような状況に陥っていたのですね。

◆もう一つは「常に前に進む」ことです。道が閉ざされた渦中であっても、道が開かれるところを求めて「前へ進もうとした」パウロの姿を語ってくださいました。あらゆる局面あっても、なお主を信頼していく。人が最善と思える計画、人間の知恵を捨て、ただ聖霊なる神に祈り、より頼むことを教えられました。そうして開かれた道を行くとき、「私たち」(we passage)と表現の変化があると示してくださったように、主は同労者、同伴者、理解者を与えてくださることも励ましになりました。福音に生きることは、一人で格闘すること、模索することではありません。祈ってもらいながら、支えてもらいながら、いっしょに歩んでもらいながら前に進むのですね!

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Comments


bottom of page