top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「インプットとアウトプット」

◆私たちはインプットとアウトプットを繰り返しながら生きています。例をあげれば、食べる→動く、勉強する→試験を受ける、思考する→発言するなどたくさん思いつきます。またこれには人それぞれのバランスがあるので、インプットが得意な人とアウトプットが得意な人がいます。インプットに傾いている人は、思慮深い、よく本を読むなど特徴がありますが、逆に内省的、物静かといった見られ方をすることもあるかもしれません。アウトプットの傾向がある人は、行動力がある、積極的などの特徴がありますが、反対にあまり考えずに行動する、裏付けのない自信家と言われることもあるかもしれません。けれども、インプット派の人も何も行動しないことはありませんし、アウトプット派の人も何も考えないで言動しているわけではありません。

◆私たちを造られたお方、創造主なる神は人に知性、思い、心を与えてくださいました。考えることの大切さ、学ぶことの喜び、行動する前に慎重を期する能力、想像することの楽しさを与えてくださっています。アクションに起こさなくても楽しめる、気持ちや心が整えられたり、一新されたりするのは本当に素晴らしい能力を主は与えてくださいました。私は、小説を読む、音楽を聴く、風景を見る、写真を撮るときにこうした能力を与えてくださった主の配慮に改めて驚きます。

◆また、主は計画なさったことを実行し、成就なさるお方です。私たちが行動を起こすときも、生きている実感、学びの発揮、力だめし、成功や失敗、また限界を知るなどインプットだけしていては決して味わえない経験をします。また、人との協力や継続することの大切さ、難しさに気づいたりします。そして、どうしたらよいかと学んだり思索したりとインプットに戻り、改善を目指す営みをします。そんな繰り返しをしながらひとえにキリストに向かって成長できましたら幸いです。一つひとつの営みは、神との交わりが中心にあってこそ実を結ぶ、そんな気がします。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教会総会に際して」

◆本日は教会総会を開催します。年に1度の改まった会議になりますが、以下3つの点に留意しながら有意義な営みとしましょう。 ◆1つ目は回顧するためです。「主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな」(詩篇103:2)と命じながら信仰生活を歩んだダビデに倣います。2023年の恵みを思い返し、それに対してどのように計画していたか、それがどうなったかを確認します。「主のあわれみ・・・朝ごとに新しい」(哀歌3

「山本明子姉の召天」

◆2月10日、土曜の夜山本明子姉が召天されました。およそ2年4カ月におよぶ闘病生活でした。私自身は病院での明子姉との交わり、記憶しかありませんが、めぐみ教会の皆さんや入江先生ご夫妻から明子姉の信仰の姿についてたびたび教えていただきました。病院を訪問した際、明子姉は言葉を話すことはできませんでしたが、瞳、顔の表情、声で交わりをもってくださいました。また賛美をすると涙を流され、帰りにはしっかりと手を握

「会話における男女の違い」

◆私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団というグループに属しています。今は265余の教会・伝道所が日本とカナダ(1教会)にあります。本日は月刊機関紙「世の光」が配布されていますので、ぜひお読みになってください。国内の教会や国外の宣教地、信徒や教会の証し、また教会と国家や社会問題、被災地や福利厚生などどこからでも関心を持てる記事を見つけることができます。 ◆その中で12ページに掲載されて

Comments


bottom of page