top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「クリスマスから新年へ」

◆本日は福岡めぐみ教会のクリスマス礼拝にようこそおいでくださいました。初めての方、不慣れな方などおられることと思います。教会では不作法や御法度はありませんのでぜひリラックスしてお過ごしいただけましたら幸いです。みなさんのイメージでは、クリスマス=教会と結びつきやすいでしょうか。クリスマスと言えばケーキ、プレゼント、パーティー、イルミネーションなど華やかな印象があるかもしれませんが、今朝聖書から見たように天から降り人として誕生された神の御子を礼拝することからクリスマスは始まりました。クリスマスはサンタクロースの誕生日ではなく、イエス・キリストの誕生日をおぼえ、世界中がお祝いしていることをぜひ覚えておいてください。

◆また、クリスマスに教会へおいでくださった方々にご案内したことは、教会では毎週礼拝をしているということです。もし今日ここで過ごすことが楽しく思えましたら、ぜひ来週からもお気軽にお集いください。ちょうど来週の日曜は元日1/1です。日本では初詣に多くの方が神社へ向かう日です。そこでは願いごとを祈り、賽銭を投げ入れて参拝行為をします。祈りの内容は健康や仕事、商売、家族などさまざまでしょう。では、祈りの対象はどなたになるのでしょうか。どうせならご利益の多そうな神社を選ぶのではないでしょうか。あるいは願い事に特化して、受験なら大宰府、交通安全なら〇〇神社へと願う内容にあった神社を選んで向かうのが通常です。

●それと比較すると、教会はすべての願いをひとりの神が聞き入れてくださいます。年に一度ではなく毎週礼拝があります。それは神との関係の深さ、関係が「密」であるとも言えます。優れているのは、何か一つの分野に特化した神よりも、全知全能の神であることは明らかです。すべての分野に通じた神がおられるならば、もう人間の事情に合わせてあちこち動き回る必要がありません。間違った神にお願いしてしまったのではないかと心配になることもありません。クリスマスに集われたあなたが、続けてこの神さまと親しく関係を持ち、真の平安を抱いて新たな年を始められることを願っております。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

コメント


bottom of page