top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「クリスマストラクト」

◆今年のクリスマスちらしが仕上がり、今回も1万部印刷しました。たったA4サイズの紙一枚ですが、めぐみ教会がある福岡市西区には約10万世帯ですから、この地域の1/10に福音を届けることができるスグレものです。普段、なかなか直接福音を伝える機会がなくても、その関係にまだ至っていなくても、ちらし1枚あればその人や家庭に福音を届けることができます。そのような人を「なんと美しいことか。良い知らせを伝える人たちの足は」(ローマ10:15)と記し、聖書は励ましを与えてくれます。健康の許す方は、ぜひ「1日3部」のトラクトキャンペーンに取り組みましょう。

◆このトラクトが仕上がるまでには、隠れたストーリーもたくさんあります。まず、諸集会の企画がなければなりません。ただやると決まっているからではなく、なぜやるのか?を確認することが大事ですね。たとえば「クリスマスキッズフェスタ」は教会学校の子どもたちに加え、特別集会に誘う友だち、学校前の配布で受け取る子どもたちなどを想定しています。子ども集会をやり続ける意味は、今すぐに教会につながらなくても、子ども時代に教会に行ったことのある記憶が、将来のいつの日かに必ず益となるからです。目の前の結果だけでなく、種をまき、実を結ばせてくださる主に期待する信仰の姿勢も養われます。それは、先代のクリスチャンたちがあなたの救いのためにやってくれたことでもあります。教会学校教師会では楽しみつつこうした議題を取り上げて実現への具体策、奉仕を担いながら作り上げてくれています。

◆このトラクトが仕上がるまでには、デザインや体裁を整えて作成されなければなりません。昼夜の時間をささげてデータ作成、入稿に取り組んでくれたメンバーがいます。毎回同じものではいけないし、個々の戦闘レベルをあげながら、毎回良いものに仕上げてくれています。

◆そして、祈り手もおられます。祈りは聖霊なる神が大胆に働く扉を開ける鍵です。感謝です!!

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教会総会に際して」

◆本日は教会総会を開催します。年に1度の改まった会議になりますが、以下3つの点に留意しながら有意義な営みとしましょう。 ◆1つ目は回顧するためです。「主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな」(詩篇103:2)と命じながら信仰生活を歩んだダビデに倣います。2023年の恵みを思い返し、それに対してどのように計画していたか、それがどうなったかを確認します。「主のあわれみ・・・朝ごとに新しい」(哀歌3

「山本明子姉の召天」

◆2月10日、土曜の夜山本明子姉が召天されました。およそ2年4カ月におよぶ闘病生活でした。私自身は病院での明子姉との交わり、記憶しかありませんが、めぐみ教会の皆さんや入江先生ご夫妻から明子姉の信仰の姿についてたびたび教えていただきました。病院を訪問した際、明子姉は言葉を話すことはできませんでしたが、瞳、顔の表情、声で交わりをもってくださいました。また賛美をすると涙を流され、帰りにはしっかりと手を握

「会話における男女の違い」

◆私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団というグループに属しています。今は265余の教会・伝道所が日本とカナダ(1教会)にあります。本日は月刊機関紙「世の光」が配布されていますので、ぜひお読みになってください。国内の教会や国外の宣教地、信徒や教会の証し、また教会と国家や社会問題、被災地や福利厚生などどこからでも関心を持てる記事を見つけることができます。 ◆その中で12ページに掲載されて

bottom of page