top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「クリスマストラクト」

◆今年のクリスマスちらしが仕上がり、今回も1万部印刷しました。たったA4サイズの紙一枚ですが、めぐみ教会がある福岡市西区には約10万世帯ですから、この地域の1/10に福音を届けることができるスグレものです。普段、なかなか直接福音を伝える機会がなくても、その関係にまだ至っていなくても、ちらし1枚あればその人や家庭に福音を届けることができます。そのような人を「なんと美しいことか。良い知らせを伝える人たちの足は」(ローマ10:15)と記し、聖書は励ましを与えてくれます。健康の許す方は、ぜひ「1日3部」のトラクトキャンペーンに取り組みましょう。

◆このトラクトが仕上がるまでには、隠れたストーリーもたくさんあります。まず、諸集会の企画がなければなりません。ただやると決まっているからではなく、なぜやるのか?を確認することが大事ですね。たとえば「クリスマスキッズフェスタ」は教会学校の子どもたちに加え、特別集会に誘う友だち、学校前の配布で受け取る子どもたちなどを想定しています。子ども集会をやり続ける意味は、今すぐに教会につながらなくても、子ども時代に教会に行ったことのある記憶が、将来のいつの日かに必ず益となるからです。目の前の結果だけでなく、種をまき、実を結ばせてくださる主に期待する信仰の姿勢も養われます。それは、先代のクリスチャンたちがあなたの救いのためにやってくれたことでもあります。教会学校教師会では楽しみつつこうした議題を取り上げて実現への具体策、奉仕を担いながら作り上げてくれています。

◆このトラクトが仕上がるまでには、デザインや体裁を整えて作成されなければなりません。昼夜の時間をささげてデータ作成、入稿に取り組んでくれたメンバーがいます。毎回同じものではいけないし、個々の戦闘レベルをあげながら、毎回良いものに仕上げてくれています。

◆そして、祈り手もおられます。祈りは聖霊なる神が大胆に働く扉を開ける鍵です。感謝です!!

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Comments


bottom of page