福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「トラクト配布、無理、ムリ?」

◆先週まで行われた佐賀キャラバン。めぐみ教会からも日帰り、宿泊組合わせて多くの方が参加しました。またともに祈りをもって支えてくださった兄弟姉妹の存在も心強いばかりです。配布された5千枚、新聞折込で1万5千枚のトラクトが用いられますように。今月の教団機関紙「世の光」で北海道の水草師が記しておられますが、トラクト配布は「福音を伝える」という使命を果たす素晴らしい働きです。もうすでに伝えることで100%の「効果」が出ています。そこから人が教会に集われるかは、主の導きにより、福音に対する応答の部分になります。それなので、私たちのなすべきことは、福音を伝えるためにトラクトを配布し、その後は主が働いてくださるよう祈ることです

◆さて、佐賀だけでなく、私たちの教会にも秋の伝道集会(今月18日)に合わせてトラクトが完成しました。今週と来週の午後に出かける予定です。配布先は、これまで入江師が開拓以来立ち続けてきた姪浜駅に加え、橋本駅、小戸公園、ドン・キホーテ周辺を計画しています。正直なところ、人への手渡し、声がけが苦手な方もおられることと思います。無理にとは言いませんが、ちょっと気が乗らない程度であれば、エイヤッと一緒に出かけてみてはいかがでしょうか。

◆今回は「マスク」も合わせて配ります。掛け声は「マスクいかがですか」「これお使いください」で十分です。「教会に~」とか「集会が~」というのその次の段階です。まずは、あなたが出て行って、トラクトとマスクをスッと差し出すこと。すると不思議、受け取ってもらえるとなんだか嬉しい。恐れていたことを忘れ、晴れやかな気持ちになります。主がともにいてくださることを実感できます。ヒョイッと出かけちゃいましょう!

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆私たち福岡めぐみ教会には礼拝を中心にしつつ、教会の働きを支え、進めるために各会があります。今回はその働きについて紹介いたします。といっても私は着任半年ですからみなさんの方がきっと詳しいですね! ◆壮年会(男性):毎月一回程度、礼拝後2階で集まっています。今はクリスマスに向けてお楽しみ賛美のプランもあります。男性は外では戦士のように過ごしています。せめて教会では重荷をおろせるオアシスのような交わり

◆先週は教団の教師研修会に参加してきました。学びからさまざまな気づき、刺激を受け、同労者との交わりを味わいました。個人的には4月の着任以来初めて九州を離れることに。それだけでとっても寂しかったですから気分はすっかり九州人でしょうか。帰路には岐阜の両親宅で一泊し、術後の父の顔も見ることができました。お祈りと派遣を心より感謝します。 ◆さて、こうした機会は何かと働き続ける傾向にあるこの世においては貴重

◆礼拝ではエペソ人への手紙を学んでいます。詳しくいえば「エペソにある教会の信徒へ」ということになります。また新約聖書の時代からおよそ300年間はいわゆる「教会堂」「大聖堂」は造られていませんから、それぞれの教会は「家の教会」であったことがわかります。そう考えると、「エペソ人への手紙」▶「エペソにある教会への手紙」▶「エペソにある各家の教会に集う人々」と噛み砕くことができます。さらには、完成した66

Fukuoka Megumi Church