top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「主の日の朝」

◆教会では週の初めの日を主の日と呼んで礼拝から始まる一週をスタートさせます。週の初めの日=日曜日は、イエス・キリストが死からよみがえられた日であることから、教会はこの日に復活の主をたたえています。それまでは第七日が聖なる日、安息の日、礼拝の日でしたが、イエス・キリストが復活したその週から弟子たちは週の初めの日を特別な日として覚えて過ごしていたようです(参照:ヨハネ20:1;19;26、使徒20:7,1コリント16:2)。そんな主の日、私たち福岡めぐみ教会は入門クラス、教会学校(小学科、ジュニア)からその営みが始まっています。今週のコラムはそれぞれの働きを紹介いたします。

◆入門クラスは聖書を知りたい、教会に来始めて間もない方のためのクラスです。リードは中村潤児兄がされ、教会2階ダイニングで対面とオンラインの併用開催です。昌枝姉、ブローダス師夫妻、須賀姉がサポーターとして参加しておられます。毎回、ほっこりする飲み物等も用意され、楽しく聖書を学んでいることがその声や表情から伝わってきます。ぜひ、永遠のいのちの入り口として用いられるようにお祈りください。いつでも飛び入り参加歓迎、VIPの方をご紹介ください。◆教会学校は小学科とジュニア科に分かれています。小学科のメッセンジャーはヒックス師夫妻、ウンスル姉、また紙芝居の読み手は須賀めぐみ姉、久保てるみ姉、中村昌枝姉、三村由美子姉。作成準備は朗美姉がしています。子どもたちに福音を伝える特権ではありますが、同時に大きな責任が伴うものです。毎回の準備に相当の時間と祈りと労力をかけ、当日も緊張しつつ大役を果たしておられます。ぜひ教師、奉仕者のためにお祈りください。

◆ジュニア科は牧師が作成したテキストを用いて、中高生が自分で聖書を読み、互いのために祈ることをモットーに活動しています。奉仕者はブローダス師夫妻、牧師です。各クラスのためにお祈り、またぜひお手伝いください。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教会総会に際して」

◆本日は教会総会を開催します。年に1度の改まった会議になりますが、以下3つの点に留意しながら有意義な営みとしましょう。 ◆1つ目は回顧するためです。「主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな」(詩篇103:2)と命じながら信仰生活を歩んだダビデに倣います。2023年の恵みを思い返し、それに対してどのように計画していたか、それがどうなったかを確認します。「主のあわれみ・・・朝ごとに新しい」(哀歌3

「山本明子姉の召天」

◆2月10日、土曜の夜山本明子姉が召天されました。およそ2年4カ月におよぶ闘病生活でした。私自身は病院での明子姉との交わり、記憶しかありませんが、めぐみ教会の皆さんや入江先生ご夫妻から明子姉の信仰の姿についてたびたび教えていただきました。病院を訪問した際、明子姉は言葉を話すことはできませんでしたが、瞳、顔の表情、声で交わりをもってくださいました。また賛美をすると涙を流され、帰りにはしっかりと手を握

「会話における男女の違い」

◆私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団というグループに属しています。今は265余の教会・伝道所が日本とカナダ(1教会)にあります。本日は月刊機関紙「世の光」が配布されていますので、ぜひお読みになってください。国内の教会や国外の宣教地、信徒や教会の証し、また教会と国家や社会問題、被災地や福利厚生などどこからでも関心を持てる記事を見つけることができます。 ◆その中で12ページに掲載されて

bottom of page