top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「信仰のルーツを探ってみよう」

◆先週、私たちと同じ教団の土浦めぐみ教会よりメンバーが来られ、篠栗霊園にて墓前礼拝をささげてきました。ある兄弟の両親がそこに納骨されており、当時の司式は入江牧師とのこと。今回はその兄弟の父母の召天10年、28年を覚えての会でした。まだ未来クリスチャンである親族への伝道、証しの機会として設定されました。健康状態や都合により親族の参加はかないませんでしたが、今回のため証しの文書を作成し、それを尋ねて手渡ししたそうです。その兄弟によると、今回両親をはじめ家系図をたどり、またそれぞれにどのような関りがあったのかをたどっていくと、宣教師との関りやクリスチャンとの出会いがあり、それが基となり、自分にも信仰が伝えられたこと、救いの素地になっていたことが分かったそうです。

◆私たちにも、それぞれ信仰のルーツがあることでしょう。自分自身が教会に行くようになったきっかけ、信仰をもつきっかけがあるかと思いますが、なぜそのような思いになったのか、どうしてあのとき聖書を手に取ったのか、誰のおかげで教会に行ったのかなどなど・・・それらをよく思い返してみると、思わぬ恵み、主の導きがあったことを知ることになるかもしれません。家族や親族、友人や知人の存在とその彼らのルーツまでできることなら調べてみてください。

◆私自身は、両親がクリスチャン。父は牧師家庭に生まれましたが、母は伝統的な日本人家族。それが実家のとなりに教会が引っ越してきて通うきっかけとなりました。父も親元を離れて大学生活をおう歌しようとしたところ、先輩クリスチャンから礼拝に行きましょうと勢いよく誘われ、断れずに教会の礼拝に出席したのが自覚的な信仰の始まりとなったそうです。牧師であった祖父は結核などを通して入信、祖母は海辺に張られたテントでの伝道で関心を持ち、その後英語教室を通してその母とともに受洗したそうです。そんなことを思うと、主は生きておられると賛美する他なくなります。

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教会総会に際して」

◆本日は教会総会を開催します。年に1度の改まった会議になりますが、以下3つの点に留意しながら有意義な営みとしましょう。 ◆1つ目は回顧するためです。「主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな」(詩篇103:2)と命じながら信仰生活を歩んだダビデに倣います。2023年の恵みを思い返し、それに対してどのように計画していたか、それがどうなったかを確認します。「主のあわれみ・・・朝ごとに新しい」(哀歌3

「山本明子姉の召天」

◆2月10日、土曜の夜山本明子姉が召天されました。およそ2年4カ月におよぶ闘病生活でした。私自身は病院での明子姉との交わり、記憶しかありませんが、めぐみ教会の皆さんや入江先生ご夫妻から明子姉の信仰の姿についてたびたび教えていただきました。病院を訪問した際、明子姉は言葉を話すことはできませんでしたが、瞳、顔の表情、声で交わりをもってくださいました。また賛美をすると涙を流され、帰りにはしっかりと手を握

「会話における男女の違い」

◆私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団というグループに属しています。今は265余の教会・伝道所が日本とカナダ(1教会)にあります。本日は月刊機関紙「世の光」が配布されていますので、ぜひお読みになってください。国内の教会や国外の宣教地、信徒や教会の証し、また教会と国家や社会問題、被災地や福利厚生などどこからでも関心を持てる記事を見つけることができます。 ◆その中で12ページに掲載されて

Комментарии


bottom of page