top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「働き手に恵まれて」

◆先週はシンガポールチームとの賛美礼拝でした。トーンチャイムから開演し、手話賛美、チームによる英語や日本語での証や賛美があり本当に豊かな礼拝でした。そのために練習や備えがあったことです。また、午後にはシンガポールランチ(たくさんのおかず、良い香り)、ファンタイム(シンガポールの名所や特徴、また国内には主に4つの言語を話す人々がいることなど)、カップ麺のプレゼント交換などで楽しみました。すべての栄光を主に帰します。

シンガポールチームは、水曜には佐賀バイブルチャーチへ行き、賛美や祈り、トラクト配布の奉仕もしてくださいました。期間中の働き、健康、運転移動が守られたことも感謝します。入江牧師夫妻、パクヘヨン宣教師との交わりでは、佐賀の土地柄や神社や祖先崇拝など宣教について真面目な(!)話題でも盛り上がりました。今回の福岡滞在の最終日ということもあり、帰路には中洲の屋台で夕食をとりました。

◆今年、私たちのもとへはアメリカ、韓国、シンガポールからチームが来てくださいました。学生から壮年、婦人とさまざまな立場の兄弟姉妹が時間とお金、賜物をささげて福岡めぐみ教会に仕えてくださいました。彼らは、私たちに送られた宣教の働き人です。そして受けることと与えることがつながっているように、この主の日は昨年に引き続き、佐賀バイブルチャーチへ聖歌隊、そしてChime Timeのメンバーを送り出しています。私は、このバランスがとても大事だと考えます。先日、次のような奨励がありました。「収穫の主に、ご自分の収穫のために働き手を送ってくださるように祈りなさい」(マタイ9:38)との個所から、ある講師が「収穫の働き手とは、祈るあなたがたの中から送られるのですよ」と励まされたのです。働き手を送ってもらうのではなく、自分たちの中から送り出せるように!新たな心で祈りたいと願います。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Comments


bottom of page