top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「味わう礼拝」

◆感染症拡大や体調不良の方が多くあり、今週はオンライン礼拝の方も多くおられます。会堂と各家とで場所は違いますが、同じ主を礼拝する恵みを味わいましょう。また、やはり「臨場感」「一体感」というのは必要になります。そこで、身体は離れていても霊のところで一体感を持てるように、今一度、礼拝式について記します。礼拝は①神から人へ、②人から神への二つに区分ができます。

◆①神から人への向かうものとしては、「招詞」:神がこの礼拝の招集者であること、神が一人ひとりを招き集めるお方であることを覚える。 「赦しの宣言」:神のみが罪を赦す権威を持っておられる。人はそれをただ受けるに過ぎません。 「聖書朗読」「説教」:神が語られる、神がいのちのことばをもって人を救い、休ませ、癒される。 「祝祷」:神のみから注がれる祝福を与えられる。神の祝福をもって一人ひとりは派遣されていくという意味と流れがあります。

◆②人から神へ向かうものとしては、「悔い改めの祈り」:人は砕かれた、悔いた心をもって神を礼拝します。そのことをすっ飛ばして礼拝の場に出ることは許されません。地に口をつけるようにして神の前に罪を告白します。 「賛美」:神をほめたたえる。それは特権であり、喜びです。新しい歌を主に歌えと言われているように刷新された心で主をたたえます。 「使徒信条」:信仰を告白することは良き習慣であり、実は内側から信仰を形成するものです。いざとなったときに自分が何を信じているのかを鮮明に思い出させ、確信を与えます。私たちは同じことばをもって告白することで、信仰の一致を見ます。 「祈り」:実は祈りは「賛美」に位置づけられます。それは人から神に向けられるいけにえです。「祈りを口に出すこと、歌うこと、教会が歌唱すること」と神学者はまとめています。リズムにのるような祈りをささげます。 「献金」:ささげもののない礼拝はありません。心の表れとして取り分けて主にささげ、祝福をいただきます。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Comments


bottom of page