top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「手話ゴスペルハウス(GH)の紹介」

◆先週は日曜夕にインターナショナルGHがタム家で、火曜に教会で手話GHが会堂で、金曜にはブローダス家で生の松原GHが開催されました。福音の集まりが会堂や家で、日曜や平日に各地域で持たれていることは本当に素晴らしいことです。また、礼拝後にはChimeTimeのメンバーが嬉々として練習をしていました(おやつ効果もあったかも♪)。幅広い年代層で取り組む時間は笑いあり、賛美ありの恵みの実がギュッと詰まった時間です。トーンチャイム賛美を楽しみにされていてください。◆さて、今回のコラムは私も飛び入りで加えていただいた手話ゴスペルハウス(以下、手話GH)の紹介です。手話GHのコンセプトは「礼拝をより豊かに」です。すでに礼拝の後半で賛美する「主の祈り」「頌栄(221番)」では、奥村兄姉が前に立ってくださり皆で手話賛美できるようになっています。先月には3月の月間賛美「神はひとり子を」(26番)を練習し、この2週間は全体でささげる手話賛美が3曲あります。コンセプト通り、礼拝の景色がさらに豊かになりました。◆ 先週のGHではマタイ11章28節、「いつくしみ深き」(432番)の1~3番を教えてもらい、皆で練習しました。みことば、歌詞を手話で学ぶことで、それぞれの意味をかみしめることができました。手話から学ぶと「愛」や「重荷」など使い慣れている語も神との関係でより深めることができます。「ああ、だからそうなんだね!」と妙に納得することもあります。◆手話GHのリーダーは和智姉、サブリーダーは冨美子姉、指導は晋兄で、神さまが集めてくださったピースが見事に調和し、楽しく学べます。1回からでも歓迎です。ぜひご参加ください。ちなみに次回は4月16日(火)午後1時半からです。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Comments


bottom of page