top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると、学びや祈り、また実生活で多くのサポートを受け、信仰が支えられます。ただし国教会のように個人の意志とは無関係に生まれたときや気づいたらクリスチャンとしてくくられるという消極点もあります。今回のコラムでは教会があなたへ提供できる良き面を紹介します。

 教会はあなたの信仰に今を生きる手ごたえを与えてくれます。公的な礼拝に集うとき、受付で奉仕してくださる方に迎えられ、隣人の顔を見、ともに賛美し、ともに祈り、ともにみことばを聞くとき、自分の外から恵みが入り込んでくることを実感します。

 教会はあなたが歴史の中に生きる意識を与えてくれます。この福岡めぐみ教会も単独で存在しているのではなく、教団に所属し、またプロテスタント教会です。それは新約聖書に記された初代教会の記録と宗教改革(信仰のみ、聖書のみ、恵みのみ、キリストのみ、神の栄光のみ)の信仰告白を定点として持っていることです。教会が歴史の中でどのような信仰を掲げてきたのかを知ることは、独りよがりの聖書理解や信仰世界でもがくことから助け出し、これからも私たちの教会が戦い守っていくポイントを明確にしてくれます。何を信じ、何を守り、何を掲げていくのか。このことを知るのはとても有益です。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「釜山ホサナ教会訪問記」

◆先週は家族で釜山ホサナ教会にて礼拝をささげました。期間中のお祈りと派遣を感謝します。釜山はとても大きな町で人口は約332万人とのこと。福岡市(153万人)の倍以上です。港はその町の勢いや規模を表すのに有効な一つの指標ですが、釜山港は世界第5位の貿易港(博多港の約20倍規模)。ちなみに1995年の阪神大震災前は神戸港のコンテナ扱い量は世界4位でしたが、その後は73位まで落ち込んでいます。ただし、そ

ความคิดเห็น


bottom of page