top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「教会のこよみ:アドベント」

◆今週から教会の暦は「アドベント・待降節」となります。毎年、アドベントは次のことを繰り返し記して、クリスマスを迎える備えとその意味を確認しています。アドベントは私たちがクリスマス前に備える期間です。日本語では「待降節」となり、キリストの降誕を待ち望む意味をよく表しています。「アドベント」の語源はラテン語の「アドベニオー」で、「立ち起こる」という意味です。ここからアドベンチャー・冒険・adventureという言葉が派生しています。冒険と聞くと、ワクワクとした旅を思い浮かべますが、一歩先には何が起こるのか分からないドキドキもあります。

◆聖書は私たちの人生を「旅」にたとえています(詩篇119:19、へブル11:13等)。それなりの不安や試練に満ちています。ただし、私たちの冒険はイエスさまを礼拝し、お会いするという最高の目的・ゴールがあります。そのため、たとえ目の前に深い川が流れていても、乗り越えた先にはイエスさまにたどり着きます。私たちの人生はキリストに出会う冒険です!

◆アドベントは、クリスマスという最高のゴールから今の人生を見つめ直すことができる機会です。現実に追い回され、とかく近視眼的、自分中心の考えで過ごしがちな私たちにとって、まさに福音・グッドニュース!逆境や用事、多忙さに追い回されることがないように意識し、アドベントを過ごしてまいりましょう。

◆そして、この町の人々はイルミネーションには囲まれているかもしれませんが、本当の救い主を知りません。贈り物をもらうかもしれませんが、それは来年には忘れたり、価値を失ったりするものでしょう。人々にとって本当に必要なのはイエス・キリストです。ただ救い主だけを待ち望み、迎えるための場所を備えるアドベントを過ごしましょう。そして、本当のクリスマスをともに味わい、祝う交わりが与えられるように祈り、福音を届けてまいりましょう。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「神を意識して」

はじめに 先週水曜日の夜、大分県沖(豊後水道)を震源とした地震がありました。その直前、携帯電話に緊急地震速報(警報)があり、アラームが鳴り響きました。私が東北にいたころは、ひんぱんに地震があったのである程度慣れていましたが、九州に来て2年が過ぎ、地震への警戒が薄れていました。自分でも意外なくらい、警報の通知音に心身が反応していました。 そして、これが本来の警報の役割であり、効果であると思いました。

「整えられた道を」

はじめに 本日から新たな聖書箇所でシリーズが始まります。これからしばらくの間、主の日の礼拝ではルカの福音書からみことばを聞いてまいりましょう。1-2章はクリスマスの出来事が記されており、昨年の12月アドベントで開きましたので、3章からスタートいたします。 ルカの福音書の著者はルカとされています。この福音書自体にルカが著者であるとは書かれていませんが、使徒の働き28:14の「私たち」や、またパウロの

Comments


bottom of page