top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「教会総会に際して」

◆本日は教会総会を開催します。年に1度の改まった会議になりますが、以下3つの点に留意しながら有意義な営みとしましょう。

1つ目は回顧するためです。「主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな」(詩篇103:2)と命じながら信仰生活を歩んだダビデに倣います。2023年の恵みを思い返し、それに対してどのように計画していたか、それがどうなったかを確認します。「主のあわれみ・・・朝ごとに新しい」(哀歌3:22-23)と賛美するように(今年の教会カレンダーの聖句でもありますね)、ただの記録ではなく、主の恵みの軌跡として覚えるのが教会総会です。

2つ目は活路を見出すためです。昨年決議したけれどもできなかったこと、新たな年に向けて課題となっていることに対し、誠実に話し合います。主の前に物事を明らかにし、それに対する教会や一人ひとりの考えや姿勢を整理します。そして目の前のハードルを乗り越えていくために担うくびきを明らかにします。そうすることで「あなたの足の履き物を脱げ。あなたの立っている所は聖なる所である」(ヨシュア5:15)と目ざめて再出発したヨシュアのように新たな英気が養われます。

3つ目は展望を描くためです。感謝や反省で終わらずに、必ず前を向く姿勢を持って総会は閉じられます。まさに「私は目標がはっきりしないような走り方はしません。空を打つような拳闘もしません」(第一コリント9:26)とパウロが独白したように、ギラリとみこころに照準を合わせてひたすらに立ち向かいます。主なる神は、私たちが曖昧に歩むことを奨励しません。むしろイスラエルの民、主の弟子たちの姿からは、厳しい高みを目指し、向かい風の中をひたすらゆく旅人をほうふつとさせます。来るべき天の都へいざまいりましょう。

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「山本明子姉の召天」

◆2月10日、土曜の夜山本明子姉が召天されました。およそ2年4カ月におよぶ闘病生活でした。私自身は病院での明子姉との交わり、記憶しかありませんが、めぐみ教会の皆さんや入江先生ご夫妻から明子姉の信仰の姿についてたびたび教えていただきました。病院を訪問した際、明子姉は言葉を話すことはできませんでしたが、瞳、顔の表情、声で交わりをもってくださいました。また賛美をすると涙を流され、帰りにはしっかりと手を握

「会話における男女の違い」

◆私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団というグループに属しています。今は265余の教会・伝道所が日本とカナダ(1教会)にあります。本日は月刊機関紙「世の光」が配布されていますので、ぜひお読みになってください。国内の教会や国外の宣教地、信徒や教会の証し、また教会と国家や社会問題、被災地や福利厚生などどこからでも関心を持てる記事を見つけることができます。 ◆その中で12ページに掲載されて

「祈りの答えって?」

◆祈りの大切さについてはよく聞きます。私たちはほぼ日常的に「祈りなさい」と教えられ、「祈りましょう」と励ましを受けます。主イエスは「あなたがたが祈るときは、家の奥の自分の部屋に入りなさい。そして戸を閉めて、隠れたところにおられるあなたの父に祈りなさい。」(マタイ6:6)と言われます。これは、私たちが一人で祈る姿を形成しているかを見つめ直すようにとの促しでもあります。そのためには、祈ることの意味や喜

תגובות


bottom of page