top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「教団と教会」

 私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、支え、遣わすには相当の知力、体力、財力が必要となりますが、教団として集約することで幾人もの宣教師を派遣することが可能にされてきました。しかし、教団として機能するためには各教会の協力が必要です。あくまで各教会の具体的な注力があって、教団としての働きが実現します。

 そんな中、この春から「災害対策部」が立ち上がることになりました。先週も地震がありましたが、神戸、東北、熊本、広島、そして能登と大きな災害が数年単位で起こっています。災害列島とも言われる日本の地で、災害への備え、発災後の支援、また息が長く、行き届いた支援をするために臨時ではなく常設の部を設置しようとの考えから実現したようです。私もその部に関わることとなり、部長としての責任を担うこととなりました。執事会で承認していただき、また教会のお一人おひとりに理解とお祈りをお願いします。

 災害は、特に弱い部分があらわにされ、痛みます。立地や規模、情報格差などがあぶり出されます。そのとき、まさにキリストのからだとして弱い部分や隠れた部分が覆われ、尊重され、労わられ、回復されていくことが教会・教団としての幸いな点です。また教団を超えての協力、日ごろの交わりも大切です。視野は広く、実践は近く♪

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

「釜山ホサナ教会訪問記」

◆先週は家族で釜山ホサナ教会にて礼拝をささげました。期間中のお祈りと派遣を感謝します。釜山はとても大きな町で人口は約332万人とのこと。福岡市(153万人)の倍以上です。港はその町の勢いや規模を表すのに有効な一つの指標ですが、釜山港は世界第5位の貿易港(博多港の約20倍規模)。ちなみに1995年の阪神大震災前は神戸港のコンテナ扱い量は世界4位でしたが、その後は73位まで落ち込んでいます。ただし、そ

Comments


bottom of page