top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「日本宣教のリバイバル」

◆歴史は車のバックミラーのような役割をします。歴史はただの過去ではなく、それを正しく見つめることによって、これから正しい方向へ進む手助けをしてくれるものだからです。日本宣教の歴史、特に近代プロテスタント宣教で言えば、1846年に琉球(沖縄)へベッテルハイムが上陸したのが最初でした。その後1859年横浜にヘボン(ヘボン式アルファベット)をはじめとした宣教師たちが上陸します。医療を中心に活動を始めますが、やがて塾を開講し(後のフェリス女学院)、そうした働きが日本各地にプロテスタント・ミッションスクールを広める一端となりました。宣教師として来日したヘボンの本来の目的である福音宣教が本格化したのは1872年以降でした。

◆その年、横浜で1週間の祈祷会が開かれました。資料によると、毎晩「使徒の働き」を読みながら共に祈ったそうです。予定の1週間を終えても祈祷会は続けられ、翌週には多くの武家出身の日本人が入信したそうです。こうして1872年3月10日には9人の日本人が洗礼を受けました。これが「横浜バンド」と呼ばれ、彼らから目覚ましい宣教の働きがなされていきました。

◆私たちがいる九州にも「熊本バンド」と呼ばれるリバイバル(劇的な回心運動)があります。熊本洋学校の教師として招かれたジェーンズは一人で20科目(!)教えたそうですが、自宅で聖書研究会を開き、35名の生徒が信仰へと導かれ、「花岡山」で信仰の誓いと結束を立て、同志社で学んだ後日本各地で宣教の働きに従事しました。クリスチャンと聖書と祈り。そこに交わりが生まれると必ず主が救われるたましいや、働き人を送ってくださることを歴史から知ることができます。私たちのゴスペルハウスの良き励ましですね!

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Comments


bottom of page