top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「次の教会のすがた(その11)」

◆教会に仕えるうえで必要な3つのシップ(ship)をご紹介します。1つ目はメンバーシップ、2つ目はオーナーシップ、3つ目はフォロワーシップです。神は、茫漠としていた地からすべてのものを創造されたお方です。そこには順序があり、秩序がありました。また、礼拝のあり方を教える個所でも「神は混乱の神ではなく、平和の神(旧訳:秩序)」(第一コリント14:33)と紹介し、パウロは秩序立って整った礼拝をささげるようい教えました。それゆえ、私たち地上の教会もしたいようにするよりも、聖書の教えに基づいて教会形成をすることがみこころです。

◆1つ目のメンバーシップは教会籍として、多くの国・教会も名簿を作成して出入りを管理しています。比喩的なところでは「いのちの書」(詩69:28,ピリピ4:3,黙示録3:5など)と天での国籍をいのちの書として表し、実際の教会でも「名簿に載せるのは」(第一テモテ5:9)と教会でメンバーシップのあったことが分かります。これは束縛するためではなく、キリストのからだに連なり、各器官として仕える確かな手ごたえとして私たちに喜びを与え、使命を果たそうと燃やしてくれるものになります。

◆2つ目のオーナーシップはあたかも各自が教会の所有者かのように意識することです。もちろん、出過ぎた主張や威張った態度を許すものではなく、私たちが取りがちなお客さん的立場を許さないものでもあります。少し気分を害したり、意見が合わないと退会してしまうのは健全なオーナーシップに欠けているからです。

◆3つ目はフォロワーシップです。これは所有者意識とは真逆で、従う心をもって仕えることです。パウロも「だれに対しても自由ですが・・・すべての人の奴隷になりました」(第一コリント9:19)とその真髄を明かしています。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Σχόλια


bottom of page