top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「次の教会のすがた(その13)」

◆先週の午後は教会総会を開催しました。有意義な質疑もなされ皆さんが主の教会を愛しておられること、また福音宣教のためにこの教会の将来を考えておられることが伝わり大変感動しました。総会決議に基づいて、特にゴスペルハウスの始動のため祈ってまいりましょう。また、以前決議した議題の一つに「2026年に土地購入の決議をする」ことがありました。この点についてもご質問がありましたので、ここに記します。2026年は福岡めぐみ教会の創立30周年です。現在地は開拓から5年経過した2000年に献堂し、すでに土地と建物の支払いを終了しています。ささげられた聖徒お一人おひとりの尊い涙の結晶です。私たちの属する日本同盟キリスト教団には現在250を超える教会がありますが、このように自前の会堂と土地を持ち、その支払いが終わっている教会はそう多くはありません。主が格別の恵みと力を注いでくださったことのゆえに、御名をほめたたえます。

◆そして、次なるチャレンジとして2026年に土地取得をするかが示されています。そのために、私たちは2023年度から複数の地域でゴスペルハウスを始動したいと願っています。ゴスペルハウスはいわば、小さな教会のような存在です。私たちの新たな教会開拓がその家々から始まるイメージです。そして、各ゴスペルハウスの働きを通して、特に主が働いておられる地域を見定め、次のゆずりの地として主が示しておられるのはどこかを祈っていくことになります。まずは土地ありきではなく、主が働いておられる場所、地域がどこであるのか願い求めましょう。「わたしが示す地へ行きなさい」(創世記12章1節)。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Comments


bottom of page