top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「次の教会のすがた(その14)」

◆「彼らはみな・・・イエスの兄弟たちとともに、いつも心を一つにして祈っていた。そのころ、百二十人ほどの人々が一つになって集まっていた」(使徒の働き1:14-15)。教会は集まりを大切にします。教会を表す言葉=エクレシア(希語)が「呼び集められた者たち」を指すことも以前シェアさせていただきました。そして、使徒の働きでは集まり=祈りをしていたと意味する箇所がちらほらあります。ただ集まることではなく、祈りをともにしていた。それは普段の光景であり、また特別な祈祷会(例:使徒12:12捕らえられたペテロのために)や宣教師の派遣の祈り(13:3)を持っていたこともあります。要するに、何かにつけて祈る集まりが教会であったとも言えます。そう、私たちは神さまに祈る集まりなのです。 

◆先週でエペソ人への手紙をいっしょに読み終わりましたが、その最後は祈りについて教えられていました。それに連鎖するように近頃、祈りについて個人的に変革がもたらされている気がしています。それは本当に単純なことですが、祈りは神との直接の交わりが持てるかけがえのない時間であるということです。祈るとき、それは独り言や一緒にいる人に聞いてもらうためではなく、ただ神がその姿を見ていてくださり、聞いていてくださり、最善を時にかなった答えをくださるからです。祈らないと分からない神さまとの交わり。祈らないと経験ができない神さまとの交わり。そんなことが私に大きく迫っています。そして、個人的な祈りとともに、教会で祈ること。それはとりなし手として祈ると同時に、自分のことを祈ってもらうことを意味しています。それがどれほど励ましとなり、福音に生きる原動力となり、罪から立ち返らせる力となっているのかははかり知ることができません。感謝!

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教会総会に際して」

◆本日は教会総会を開催します。年に1度の改まった会議になりますが、以下3つの点に留意しながら有意義な営みとしましょう。 ◆1つ目は回顧するためです。「主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな」(詩篇103:2)と命じながら信仰生活を歩んだダビデに倣います。2023年の恵みを思い返し、それに対してどのように計画していたか、それがどうなったかを確認します。「主のあわれみ・・・朝ごとに新しい」(哀歌3

「山本明子姉の召天」

◆2月10日、土曜の夜山本明子姉が召天されました。およそ2年4カ月におよぶ闘病生活でした。私自身は病院での明子姉との交わり、記憶しかありませんが、めぐみ教会の皆さんや入江先生ご夫妻から明子姉の信仰の姿についてたびたび教えていただきました。病院を訪問した際、明子姉は言葉を話すことはできませんでしたが、瞳、顔の表情、声で交わりをもってくださいました。また賛美をすると涙を流され、帰りにはしっかりと手を握

「会話における男女の違い」

◆私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団というグループに属しています。今は265余の教会・伝道所が日本とカナダ(1教会)にあります。本日は月刊機関紙「世の光」が配布されていますので、ぜひお読みになってください。国内の教会や国外の宣教地、信徒や教会の証し、また教会と国家や社会問題、被災地や福利厚生などどこからでも関心を持てる記事を見つけることができます。 ◆その中で12ページに掲載されて

Comments


bottom of page