top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「次の教会のすがた(その17)」

◆私たちの教会には3組の(!)宣教師がおられます。これは本当に破格の恵みです。私は18年間岩手県におりましたが、2011年3月11日以前は岩手県内の宣教師数はゼロでした(カトリック司祭を除く)。震災を機に、神さまが各宣教師に御声を聞かせ、それから続々と宣教師が送られてきました。今、お迎えしている宣教師たちはパイオニアズ宣教団から派遣されています。ヒックス師夫妻、ブローダス師夫妻は西福岡エリアの開拓チームとして、タム師夫妻は新しい宣教師のトレーニング(launch:開始する)リーダーとしての役割を担っておられます。すでにめぐみ教会でも数々の奉仕をしてくださっていますが、それは私たちが彼らの姿から奉仕のやり方を習い、励まされ、整えられて教会を建て上げるためです。牧師からも宣教師たちへ「宣教師がいなくなったら困ってしまうような教会にならないように動いてください」とお願いしています。もしかしたら、彼らがやれば済むことがあるかもしれません。けれども、信徒の分まで彼らに動いてもらうことは本望ではありません。むしろ、宣教師のやることがないくらいに信徒が積極的に教会の働きを担い、活性化することこそ、彼らの大事な役割の一つです。

◆ただし、宣教師が大胆にリードくださる働きも重要です。今年から開始するゴスペルハウスはその主たるものです。また今月16日はブライアン師、来月7日はジョナサン師が礼拝メッセージのご用をしてくださいます。今年は月一度ほどの頻度で宣教師がみことばを取り次いでくださいます。これも神の国の豊かな働きです。聖書の福音を語るまでの備え(霊性、知性、祈り、時間)もさることながら母国語ではない日本語でのメッセージになります。ぜひ覚えてお祈りしましょう。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Commentaires


bottom of page