top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「次の教会のすがた(その7)」

◆教会は神の栄光を現す共同体です。主が何のために民=私たちを呼び集められたのか(呼び集める=教会の語源)?それはご自身の栄光がほめたたえられるためです。その手段は私たちの礼拝であり、賛美であり、ささげものです。それゆえ、私たちは最高の礼拝、最高の賛美、最良のささげものを主の前に携えます。モーセの時代、各部族ごとに宿営していましたが、礼拝の際には全会衆が幕屋(神を礼拝するための特別な場所・建屋)に集まっています。しかも、会見の幕屋は「中央」(民数記2:17)にありました。レビ人(神に仕える者たち)は「あかしの幕屋の周りに宿営しなければならない」(民1:53)と常に主に対して臨戦態勢で備えていることが求められています。すべての中心に神がおられ、人々は神礼拝をもって神に感謝し、恵みを覚え、ほめたたえました。彼らの礼拝によって神は栄光を受けられたのです。

◆これは、今の私たちにも通じます。現在、礼拝はオンラインでも参加できるよう整備されていますが、これはやんごとない事態や健康状態を顧みて利用していただくための手段です。神の民が時間や場所をともにして神を礼拝してきたように、私たちも時間と場所を高位置に意識しておきたいものです。その源には、イエス・キリストが神の御子としての立場を捨てて、人となられ、時間という限界ある中に身を置いて「この時」を大切にされたそのすがたがあります。偏在という能力を使わず「ここにいる」ことをもって神と人とを愛されたそのすがたがあります。行き当たりばったりや気分に任せて行動せず、朝は早くから一人で、苦しみのときにはゲツセマネで祈られたお方です。十字架を背負ってドロローサ(悲しみの道)を歩かれ、「どくろ」という場所ではりつけにされたお方です。私たちも、神の栄光を現し、主に従うために時間と場所を選択しましょう。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Comentarios


bottom of page