top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「次の教会のすがた(その9)」

◆先週日曜の午後は「日本伝道会議 九州地区大会」が開催されました。司会担当の牧師が「見てください。普段は小さいと思っているかもしれない、孤独だと感じているかもしれませんが、神さまはこんなにも多くの輝いているクリスチャンを与えてくださっています。失敗作を造られないお方です。あなたに期待されている主に応えてまいりましょう」と呼びかけ祈られました。会衆でささげる賛美、交わりは素晴らしい経験でした。この大会の目的である「地域教会がともに宣教に励み、協力する」ことに向けて、賛美と礼拝と交わりをいっしょにすることの意義は大きなものがありますね。これを機会に、近隣教会とも具体的な宣教協力とその関係を築いていきたいと願わされました。

◆私たちに与えられている大きな祈祷課題(ビジョン)として「西区近郊10%のたましいの救い」があります。いまだ1%にも満たないクリスチャン人口の中で、その10倍を掲げて祈ります。ビジョンは大きく、実行は小さくは教会らしい取り組みの姿勢です。10%の人々が救いに至るには、私たち福岡めぐみ教会だけでは到底立ちゆきません。「神の国の拡大」の視点に立って、神さまがすでにおいてくださっている主の教会とともに宣教することが鍵になります。私たちが主によって建てられた教会であるのと同時に、近隣にある教会も同じく主によって建てられています。互いが各器官となり、結び合わされ、置かれた地域で福音を輝かせていくならきっと神さまはその働きを祝福し、神の民を増し加えてくださいます。

◆今後、具体的な協力を進めていけるよう祈り、機会を活かして参加していきましょう。互いの教会の取り組みを知ったり、賛美集会、子ども会やジュニア世代・青年会の交流、講壇交換、相互キャラバン伝道などがと思い描いています。主よ、新しいことを行ってください(イザヤ43:19)。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教会総会に際して」

◆本日は教会総会を開催します。年に1度の改まった会議になりますが、以下3つの点に留意しながら有意義な営みとしましょう。 ◆1つ目は回顧するためです。「主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな」(詩篇103:2)と命じながら信仰生活を歩んだダビデに倣います。2023年の恵みを思い返し、それに対してどのように計画していたか、それがどうなったかを確認します。「主のあわれみ・・・朝ごとに新しい」(哀歌3

「山本明子姉の召天」

◆2月10日、土曜の夜山本明子姉が召天されました。およそ2年4カ月におよぶ闘病生活でした。私自身は病院での明子姉との交わり、記憶しかありませんが、めぐみ教会の皆さんや入江先生ご夫妻から明子姉の信仰の姿についてたびたび教えていただきました。病院を訪問した際、明子姉は言葉を話すことはできませんでしたが、瞳、顔の表情、声で交わりをもってくださいました。また賛美をすると涙を流され、帰りにはしっかりと手を握

「会話における男女の違い」

◆私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団というグループに属しています。今は265余の教会・伝道所が日本とカナダ(1教会)にあります。本日は月刊機関紙「世の光」が配布されていますので、ぜひお読みになってください。国内の教会や国外の宣教地、信徒や教会の証し、また教会と国家や社会問題、被災地や福利厚生などどこからでも関心を持てる記事を見つけることができます。 ◆その中で12ページに掲載されて

Commentaires


bottom of page