top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「次の教会のすがた(27)」

◆6月からスタートした英語クラス。現在は7クラスあります。特筆すべきはそのうち1クラスだけが教会堂で、その他6クラスは会堂外で開催されていることです。これは歴史的な一歩と呼んでも大げさではありません。6クラスのうち2クラスずつが宣教師宅、あとは1クラスが信徒宅、1クラスは生徒宅(!)です。主がアンバリー、ローレン姉を送ってくださり、案内トラクトが作成され、配布され、祈って迎えた英語クラスをこのように展開していてくださる主に感謝します。主のための備え、労は決してムダにはされませんね♪

◆さて、この英語クラスを来るゴスペルハウス(以下GH)の前ぶれにしたいのです。誰もやったことのない働きをするにあたり、手探り状態だった私たちを、主は英語クラスを始めるように導いてくださり「会堂外で集うのってこういうことかな」という感触がつかめるようになったのではないでしょうか。また、参加者が英語はもとより、交わりを楽しみ、聖書の時間(バイブルタイム)に良い反応をしてくれることに驚きや喜びを感じているかもしれません。さらに、英語クラスを重ねるにつれて「この人たちにどのように福音を伝えたらよいのだろう」「神さま、次会うときまでに、福音を伝える用意ができるようにしてください」と祈ることも増えたかもしれません。なんか、このようにすればいいんだよと主が教え励ましてくれているような気がしてなりません。

◆英語クラスは折り返し地点を過ぎ全7週のうち4週が終わりました。今月は中旬に韓国釜山からホサナ教会、下旬にはボストンの教会から宣教チームが来福し、福音宣教のために備え、労してくださいます。私たちも、彼らから大いに学び、刺激を受け、GHにつなげていくように一緒に宣教の働き手となり、祈り手となりましょう。主は大いなる収穫をすでに用意してくださっています。そのために収穫の働き手を起こし、送ってくださってもいます。私たちも収穫のために鋤に手をかけ、ともに勤しみましょう!

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教会総会に際して」

◆本日は教会総会を開催します。年に1度の改まった会議になりますが、以下3つの点に留意しながら有意義な営みとしましょう。 ◆1つ目は回顧するためです。「主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな」(詩篇103:2)と命じながら信仰生活を歩んだダビデに倣います。2023年の恵みを思い返し、それに対してどのように計画していたか、それがどうなったかを確認します。「主のあわれみ・・・朝ごとに新しい」(哀歌3

「山本明子姉の召天」

◆2月10日、土曜の夜山本明子姉が召天されました。およそ2年4カ月におよぶ闘病生活でした。私自身は病院での明子姉との交わり、記憶しかありませんが、めぐみ教会の皆さんや入江先生ご夫妻から明子姉の信仰の姿についてたびたび教えていただきました。病院を訪問した際、明子姉は言葉を話すことはできませんでしたが、瞳、顔の表情、声で交わりをもってくださいました。また賛美をすると涙を流され、帰りにはしっかりと手を握

「会話における男女の違い」

◆私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団というグループに属しています。今は265余の教会・伝道所が日本とカナダ(1教会)にあります。本日は月刊機関紙「世の光」が配布されていますので、ぜひお読みになってください。国内の教会や国外の宣教地、信徒や教会の証し、また教会と国家や社会問題、被災地や福利厚生などどこからでも関心を持てる記事を見つけることができます。 ◆その中で12ページに掲載されて

Comments


bottom of page