top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「次の教会のすがた(27)」

◆6月からスタートした英語クラス。現在は7クラスあります。特筆すべきはそのうち1クラスだけが教会堂で、その他6クラスは会堂外で開催されていることです。これは歴史的な一歩と呼んでも大げさではありません。6クラスのうち2クラスずつが宣教師宅、あとは1クラスが信徒宅、1クラスは生徒宅(!)です。主がアンバリー、ローレン姉を送ってくださり、案内トラクトが作成され、配布され、祈って迎えた英語クラスをこのように展開していてくださる主に感謝します。主のための備え、労は決してムダにはされませんね♪

◆さて、この英語クラスを来るゴスペルハウス(以下GH)の前ぶれにしたいのです。誰もやったことのない働きをするにあたり、手探り状態だった私たちを、主は英語クラスを始めるように導いてくださり「会堂外で集うのってこういうことかな」という感触がつかめるようになったのではないでしょうか。また、参加者が英語はもとより、交わりを楽しみ、聖書の時間(バイブルタイム)に良い反応をしてくれることに驚きや喜びを感じているかもしれません。さらに、英語クラスを重ねるにつれて「この人たちにどのように福音を伝えたらよいのだろう」「神さま、次会うときまでに、福音を伝える用意ができるようにしてください」と祈ることも増えたかもしれません。なんか、このようにすればいいんだよと主が教え励ましてくれているような気がしてなりません。

◆英語クラスは折り返し地点を過ぎ全7週のうち4週が終わりました。今月は中旬に韓国釜山からホサナ教会、下旬にはボストンの教会から宣教チームが来福し、福音宣教のために備え、労してくださいます。私たちも、彼らから大いに学び、刺激を受け、GHにつなげていくように一緒に宣教の働き手となり、祈り手となりましょう。主は大いなる収穫をすでに用意してくださっています。そのために収穫の働き手を起こし、送ってくださってもいます。私たちも収穫のために鋤に手をかけ、ともに勤しみましょう!

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

ความคิดเห็น


bottom of page