top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「次の教会のすがた(29)」 

◆この夏は宣教チームに恵まれました。5月末から来福してくれたアンバリーとローレン姉はいよいよ本日が最後の礼拝となります。それぞれカリフォルニアとフロリダから日本宣教のための奉仕に手を上げてくれ、お互いが初対面であったにもかかわらず「チーム」として最初から最後までにこやかに仕えてくださいました。特に7週間の英語クラスでは小学生から中高生、大人まで7つのクラスを受け持ってくださいました。各クラスに必ずバイブルタイムがあり、そこに至るまでよく祈りあらゆる準備をして臨んでくださいました。

◆その一つの集大成が「毎日英語であそぼ(VBS)」でした。各クラスの参加者が登録し、また地域や小学校で配布した案内トラクトにより、子ども、中高生、大人クラスがちょうどよい盛況となりました(ここ大事)。VBSのためには、ボストン教会からの先発隊がスーツケースいっぱいのクラフトやお菓子を運んでくださり、ケン、シャア、ジェイデン、イザベルの4名がTシャツや細部にわたる企画を持参し、各日工夫をこらしたプログラムで福音を伝えることができました。連日朝から夜まで教会に働き人と来会者がひっきりなしに訪れる日々は壮観、ただ主に感謝する週でした。

◆7月中旬には韓国釜山のホサナ教会から15名のチームが来てくださいました。彼らの徹底して仕える姿、積極性、熱さはそれだけで伝わるものがある力づよい証しでした。主は祈りに答えてコリアンフェスタと礼拝に新しい方を複数名送ってくださいました。

◆ここから、私たちがバトンと情熱を受けて宣教の続きをするのみです。具体的には祈るとともに、訪れた方々のフォロアップ、また今回誘ったけれども来られなかった方々への継続したアプローチをすることです。人にはできないことを主はなしてくださいます。夏の期間素晴らしい模範を見せてくれた彼らの姿に倣い、宣教のバトンを受け取り、それぞれの人々のもとへクリスチャンとして遣われてまいりましょう。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Comments


bottom of page