top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「次の教会のすがた(32)」

◆夏の宣教チームによる、いえ、宣教チームとの福音宣教を経て、これから暦は秋に向かいます。上の祈祷課題にもあげたように、夏に来会された方々、子どもたちのフォローアップに尽力してまいりましょう。イベントのやりっぱなしは、これからの伝道の機会も単発となってしまい、やる分だけ疲れを覚えたり、やる意味が分からなくなったりします。人々にまず教会に来ていただくという最初の一歩を踏み出したので、それが二歩、三歩と続いていくことを考えてみましょう。具体的には再会の機会を設けることです。今週金曜にジュニア世代(中高生)の再会プログラムを予定しています。7月末には5日間毎晩集まりました。そこでは英語を用いながら、証しや賛美もしました。これからより福音に密に接することができるように願うものです。ぜひお祈りください。

◆また、再会はプログラムだけでなく、個人的に連絡を取ったり、家や外で会う機会を設けることでも可能です。次に教会に来るのを待つだけでなく、そうしてコンタクトを取ることで、つながるものだと考えます。ぜひ、祈って示されましたら、個人的にも動いてみてください。それが少し不安であったら、牧師や執事、また近くの教会メンバーに同席してもらうとか、どのようにしたらよいのかと相談してみてください。そして、秋からゴスペルハウスが始動できるよう本格化してまいりたいと願っています。それは、夏の宣教の日々やお会いした方々と無関係にではなく、彼らをつなげていくようなかたちで主からの知恵をいただきたいとも願っています。

◆イエスさまは福音書を通して、教会に連なる私たちに「これから人間を取る漁師にしてあげよう」と約束を向けてくださっています。私たちの力や知恵、考えで始めるなら、人間的な不安や限界に終始します。しかし、みことばから始めるなら、いつも力が与えられ、いつでも立ち返ることができます。ぜひ、みことばに接し、主にふれていただきながら進んでまいりましょう。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Comments


bottom of page