top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「次の教会のすがた(1)」

◆現在、執事会や牧師宣教師夫妻ミーティング(together)では福岡めぐみ教会が次の宣教をどのように取り組むのか、祈りつつ話し合っています。開拓以来26年間、入江牧師、直美伝道師によって聖書にもとづいた堅い土台の上に建てられたこの教会。牧師交代を経験し、さらにここから宣教に向かって前進していきたいと願っています。パイオニアズ宣教団を通して3組もの宣教師をこの教会に送ってくださっていますことにも主の計画を見る思いがします。私もこの教会を現状維持するためではなく、さらなる教会の成長、前進のために力を注いでいくためにバトンを受け取ったと思っています。そのことが牧師や宣教師、執事の単独プレーにならないようにし、ともに主に喜んで仕えていけますように、ここでビジョンを共有していきますので、よろしくお願いします。

◆私たちが求めるのは聖書に記された教会です。当然、聖書に立たない正統的教会は存在してきませんでした。しかし、それぞれの時代、地域、人々によって教会の姿はとっても多様です。さらにそれぞれの教会の特徴や特色、宣教方法やサイズ、質もすべて違っています。ルターは「聖書に忠実な教会に立ち返る」ことをいのちがけで求め行動しました。カルヴァンの教えを継承する教会は「聖書によって絶えず改革し続ける教会」をモットーにしています。自分たちを絶対的地位にはおかず、たえず聖書によって改革され続ける。それが真の教会のすがたであるというものです。変えられることを恐れない教会。改革され続けることが前提の教会。これは大変勇気のいることですが、私たち自身を神の言葉にゆだねる信仰の表れでもあります。神の栄光が現され、イエスの御名が高く掲げられ、聖霊が自由に働かれる教会。なぜなら、私たちは、私たちの教会ではなく、キリストの教会(からだ)を建て上げるために集められたからです。主の声に聴き従うことによって、祝福をいただきましょう。

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Comments


bottom of page