top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「次の教会の姿(20)」

更新日:2023年6月5日

◆4月から礼拝説教は「福音」シリーズで進んでいます。聖書は学ぶと同時に実践することにも意義があります。「雨や雪は、天から降って、もとに戻らず、地を潤して物を生えさせ、目を出させて、種蒔く人に種を与え、食べる人にパンを与える。そのように、わたしの口から出るわたしのことばも、わたしのところに空しく帰って来ることはない。それはわたしが望むことを成し遂げ、わたしが言い送ったことを成功させる」(イザヤ55:10-11)とあるとおりです。神のことばを私たちがただ聞いて終わりならそれはむなしいことです。神のことばをただ学び、知っているだけなら、それは不毛の地と言われても仕方のないことです。天からの恵みを受けた大地が種を増やし、実を結ぶように、天からの恵みのことばを聴く私たちも、収穫のために労し、用いられたく願います。

◆そのために、礼拝説教は選ばれた聖書個所(11月末までの聖書個所を決めることができました。お祈りに感謝します!)から、みことばの内容と合わせて、私たちがゴスペルハウスの実践へと向かっていけるようなチャレンジ、実際のアクションへの励ましを含んだものになります。その点、これまでと少し違う印象を受けるかもしれませんが、聴いたみことばが心に結び付けられ、意志や願いとなって私たちの思考を変化させ、行動を伴わせるものとして受け取りましょう。説教者(牧師、ジョナサン宣教師、ブライアン宣教師)のためにお祈りください。神のご計画のすべてをあますところなく知らせることができるように。聴衆の力を奪うのではなく、内側から泉のように力が湧く言葉が与えられ、神の国のために仕える喜びを味わえる語り方ができるように。私たちがますますみことばを聴いて行う福岡めぐみ教会になっていけるように。「わたしに向かって、『主よ、主よ』と言う者がみな天の御国に入るのではなく、天におられるわたしの父のみこころを行う者が入るのです」(マタイ7:21)ただ聖霊によって!

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教会総会に際して」

◆本日は教会総会を開催します。年に1度の改まった会議になりますが、以下3つの点に留意しながら有意義な営みとしましょう。 ◆1つ目は回顧するためです。「主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな」(詩篇103:2)と命じながら信仰生活を歩んだダビデに倣います。2023年の恵みを思い返し、それに対してどのように計画していたか、それがどうなったかを確認します。「主のあわれみ・・・朝ごとに新しい」(哀歌3

「山本明子姉の召天」

◆2月10日、土曜の夜山本明子姉が召天されました。およそ2年4カ月におよぶ闘病生活でした。私自身は病院での明子姉との交わり、記憶しかありませんが、めぐみ教会の皆さんや入江先生ご夫妻から明子姉の信仰の姿についてたびたび教えていただきました。病院を訪問した際、明子姉は言葉を話すことはできませんでしたが、瞳、顔の表情、声で交わりをもってくださいました。また賛美をすると涙を流され、帰りにはしっかりと手を握

「会話における男女の違い」

◆私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団というグループに属しています。今は265余の教会・伝道所が日本とカナダ(1教会)にあります。本日は月刊機関紙「世の光」が配布されていますので、ぜひお読みになってください。国内の教会や国外の宣教地、信徒や教会の証し、また教会と国家や社会問題、被災地や福利厚生などどこからでも関心を持てる記事を見つけることができます。 ◆その中で12ページに掲載されて

bottom of page