top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「次の教会の姿(22)」

◆次週はゴスペルハウス説明会を行います。当日は、説明を行った後、意見交換や質疑応答のときを持ちますので、本日配布しております資料をお読みいただき、ご準備ください。ぜひ前向きな意見を交わしつつ、具体的な始めていくステップになるように祈りましょう。2月の教会総会での決議後から100日祈祷の期間中です。私たちが同じ主に祈ることで、主は私たちに同じ思いや熱い思いを与えてくださいます。さらに、私たちはそれぞれ違った賜物が与えられ、違った視点をも与えられています。どうか一人ひとりに与えられた思いを次週の機会にお分かちください。

◆これまで、福音宣教はさまざまな方法でなされてきました。決して一つの方法が正しいわけではありません。時代ごと、国ごと、文化、年代、地域、環境ごとに違った方法で福音は届けてられてきました。福音の中心メッセージは変わりませんが、その方法や器は変わって当然です。「イエスは主です」という変わらないメッセージを、さまざまな器に入れてあらゆる国の人々に届けられてきたわけです。あらゆる国に出かけて行ったパウロが「ユダヤ人にはユダヤ人のように・・・弱い人たちには、弱い者になりました」(1コリント9:19-22)と記しています。またルターも「キリスト者はすべての者の上に立つ自由な主人であって、だれにも服しない。キリスト者はすべてのものに仕える僕(しもべ)であって、だれにでも服する」(「キリスト者の自由」第一)との言葉を残しています。真の自由をいただいた私たちは福音のため自由な愛ですべての人のしもべとなれるのです。

◆もしかすると、私たち福岡めぐみ教会でこれまで当然だと思っていた器を新しくする必要があるかもしれません。皮袋を新しくして、主イエスのいのちあふれるぶどう酒を運び届ける必要があるかもしれません。どうぞ主がなさろうとすることを教えていただき、分かち合い、祈り合い、確かめ合ってこの働きを進めてまいりましょう。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Comments


bottom of page