top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「次の教会の姿(23)」 

◆春からの「福音」シリーズの礼拝説教はいかがでしょうか。説教は語られ、聴かれること。そして自分がどのように聴いたのか分かち合うこと、自分に与えられた願いや思いを祈り合うことによって、さらに実を結びます。現在は祈祷会、エステル会で礼拝メッセージの分かち合い、応答をしています。ぜひ、一人ひとりが受け取ったことをシェアしてみてください。みことばは私たちを生み出し、建て上げ、変革する力を持ちます。今回は礼拝説教の構造について学んでみたいと思います。礼拝メッセージは主に3つの柱を意識しています。①私たちが何を信じるか、②私たちはこの世界をどのように見るべきか、③私たちは何をすべきか、がありこの順に沿って紹介していきます。

◆①私たちは何を信じるか:これは永遠に堅く立つ神のことばからくみ取ります。発信者は神であり、説教者はその取り次ぎ(中継)をし、聴衆は受け取り手です。神ご自身は変わることがなく、常に真実なお方であり、真理のことばを聖書として与えてくださいました。また、その聖書が開かれるとき語ってくださるお方です。説教者が神のことばをまっすぐ、曲げず、薄めず、また確信をもって明瞭に語れるようにお祈りください!

◆②私たちはこの世界をどのように見るべきか。これは神のことばを聴いた者だけが正しく思考し、思索できる部分です。これは普遍・不変の聖書の真理を、現代に照らし合わせていく作業です。現在起こっている世界での出来事、自分の人生などについて小さなことから大きなことまですべてを神のことばを通して見ていきます。この作業を繰り返し、習慣づけることで、聖書に立脚した視点が確保されていきます。

◆最後は③私たちは何をすべきか、です。聴いて、考え、理解し、そして行動が出てきます。①と②を省略して行動に移すと神を置き去りにしているので、大なり小なり失敗や失望をし、何より主の栄光を損ないます。福音に生きる道は深いものですね♪

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教会総会に際して」

◆本日は教会総会を開催します。年に1度の改まった会議になりますが、以下3つの点に留意しながら有意義な営みとしましょう。 ◆1つ目は回顧するためです。「主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな」(詩篇103:2)と命じながら信仰生活を歩んだダビデに倣います。2023年の恵みを思い返し、それに対してどのように計画していたか、それがどうなったかを確認します。「主のあわれみ・・・朝ごとに新しい」(哀歌3

「山本明子姉の召天」

◆2月10日、土曜の夜山本明子姉が召天されました。およそ2年4カ月におよぶ闘病生活でした。私自身は病院での明子姉との交わり、記憶しかありませんが、めぐみ教会の皆さんや入江先生ご夫妻から明子姉の信仰の姿についてたびたび教えていただきました。病院を訪問した際、明子姉は言葉を話すことはできませんでしたが、瞳、顔の表情、声で交わりをもってくださいました。また賛美をすると涙を流され、帰りにはしっかりと手を握

「会話における男女の違い」

◆私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団というグループに属しています。今は265余の教会・伝道所が日本とカナダ(1教会)にあります。本日は月刊機関紙「世の光」が配布されていますので、ぜひお読みになってください。国内の教会や国外の宣教地、信徒や教会の証し、また教会と国家や社会問題、被災地や福利厚生などどこからでも関心を持てる記事を見つけることができます。 ◆その中で12ページに掲載されて

Comments


bottom of page