top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「次の教会の姿(24)」

◆先週の礼拝メッセージで冒頭に紹介した数字の案内です。日本は「まだ福音を聞いたことがない(知らない)人数が世界で二番目に多い民族」です。日本宣教の歴史はイエズス会のフランシスコ・ザビエルが1549年に、鎖国以後はイギリスの医療宣教師ベッテルハイムによる琉球(沖縄)伝道が1846年に、日米修好通商条約によって1859年からは横浜港からプロテスタント宣教師が続々と入国し、宣教を開始しました。そのような歴史があり、また教会数もプロテスタントで7,427(カトリック、聖公会を含めると8,465)信徒数は433,813(同998,796)いるのが日本です。日本のクリスチャンはおよそ100万人ともされますが、それ以外の1億2千万人以上の方がクリスチャンではない現実は「福音を聞いたことがない/知らない/届いていない人数」です。そう、この日本で福音宣教はい急務なのです。

◆日本には宣教の歴史も、教会も、信教の自由だってあります。それなのになぜ「福音を知らない人数が世界第二位」なのでしょうか(ちなみに一位はバングラディシュの1億3,500万人)。それは多く人が「いまだ福音を聞いたことがない」からです。日本にいる人は福音に反対しているのではありません。その内容を知らないのです。私たちがサボっているわけではありません、福音を伝えようとしてこなかったわけではありません。けれども、それでは間に合っておらず、十分でもないのです。まだまだ、まだまだ行くべきどころがあり、訪ねるべき人がおり、伝えるべき友、家族がいるのです。

◆福音を響かせていない原因は何でしょうか。改めて探られたいと願います。使徒の働き16章でリディアに主が働きかけてくださっていたように、この国に住む人の心を主が開いていてくださいますように。また私たちが「行く」のをためらわず、福音を伝える機会、福音を分かち合う出会いのために祈り、いつも備えていられますように。Ready to share the Gospel!

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教会総会に際して」

◆本日は教会総会を開催します。年に1度の改まった会議になりますが、以下3つの点に留意しながら有意義な営みとしましょう。 ◆1つ目は回顧するためです。「主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな」(詩篇103:2)と命じながら信仰生活を歩んだダビデに倣います。2023年の恵みを思い返し、それに対してどのように計画していたか、それがどうなったかを確認します。「主のあわれみ・・・朝ごとに新しい」(哀歌3

「山本明子姉の召天」

◆2月10日、土曜の夜山本明子姉が召天されました。およそ2年4カ月におよぶ闘病生活でした。私自身は病院での明子姉との交わり、記憶しかありませんが、めぐみ教会の皆さんや入江先生ご夫妻から明子姉の信仰の姿についてたびたび教えていただきました。病院を訪問した際、明子姉は言葉を話すことはできませんでしたが、瞳、顔の表情、声で交わりをもってくださいました。また賛美をすると涙を流され、帰りにはしっかりと手を握

「会話における男女の違い」

◆私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団というグループに属しています。今は265余の教会・伝道所が日本とカナダ(1教会)にあります。本日は月刊機関紙「世の光」が配布されていますので、ぜひお読みになってください。国内の教会や国外の宣教地、信徒や教会の証し、また教会と国家や社会問題、被災地や福利厚生などどこからでも関心を持てる記事を見つけることができます。 ◆その中で12ページに掲載されて

bottom of page