top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「次の教会の姿(24)」

◆先週の礼拝メッセージで冒頭に紹介した数字の案内です。日本は「まだ福音を聞いたことがない(知らない)人数が世界で二番目に多い民族」です。日本宣教の歴史はイエズス会のフランシスコ・ザビエルが1549年に、鎖国以後はイギリスの医療宣教師ベッテルハイムによる琉球(沖縄)伝道が1846年に、日米修好通商条約によって1859年からは横浜港からプロテスタント宣教師が続々と入国し、宣教を開始しました。そのような歴史があり、また教会数もプロテスタントで7,427(カトリック、聖公会を含めると8,465)信徒数は433,813(同998,796)いるのが日本です。日本のクリスチャンはおよそ100万人ともされますが、それ以外の1億2千万人以上の方がクリスチャンではない現実は「福音を聞いたことがない/知らない/届いていない人数」です。そう、この日本で福音宣教はい急務なのです。

◆日本には宣教の歴史も、教会も、信教の自由だってあります。それなのになぜ「福音を知らない人数が世界第二位」なのでしょうか(ちなみに一位はバングラディシュの1億3,500万人)。それは多く人が「いまだ福音を聞いたことがない」からです。日本にいる人は福音に反対しているのではありません。その内容を知らないのです。私たちがサボっているわけではありません、福音を伝えようとしてこなかったわけではありません。けれども、それでは間に合っておらず、十分でもないのです。まだまだ、まだまだ行くべきどころがあり、訪ねるべき人がおり、伝えるべき友、家族がいるのです。

◆福音を響かせていない原因は何でしょうか。改めて探られたいと願います。使徒の働き16章でリディアに主が働きかけてくださっていたように、この国に住む人の心を主が開いていてくださいますように。また私たちが「行く」のをためらわず、福音を伝える機会、福音を分かち合う出会いのために祈り、いつも備えていられますように。Ready to share the Gospel!

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Comments


bottom of page