top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「神観を養う営み」

◆聖書を読んでいると、疑問を感じる個所に当たることもあります。ヨセフは仕えていた主人の妻の虚言によって捕らえられ、モーセはエジプト人を打ち殺しても逃亡生活が守られ、ソロモンには王妃と側女合わせて千人を持ち偶像礼拝へと陥落し、ヨブは天災で家族や財産を失ったりしています。必ずしも悪人が罰を受け、善人が報われる世界線が保たれているわけではありません。そうしたとき、私たちは「神さまがおられるなら、なぜこんなひどい世界を」という疑問や「苦しみから救わない神なんて信じられない」と抗議をぶつけたい気持ちにもなります。

◆そんなときは、「私の神観」が再構築されていく機会だと受け止めてみてください。たとえば、自然災害が猛威をふるうときには「この世界は絶対に安全であるべきだし、神がいるならそうすべき」と考える神観が問われているのです。あるいは、努力して報われないときには「私の努力に100%報いるべき神」を考えていたのかもしれないと気づかされます。「人を苦しみから救うのが神だ」というのは間違っているわけではありませんが、それが神のご性質すべてではないことも聖書は教えています。

◆神には天地万物を造られた創造主という面もあり、人に不快なことをいっさいしないという制約や義務などはありません。この面から神観を養おうとすると、神が人間のご機嫌取りやお手伝いではなく、私たちが神の主権を認め、神に仕えることを学ぶ契機が訪れていることを知ります。私たちの人生には不可解なことや理不尽なことで満ちています。私たちに心地よい神観だけを抱いていると、神に見放された人生だと嘆くしかありません。そこでしぶとさが芽生えてくるのは、すべてを働かせて益とされる神観にその身を置くことです。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Comments


bottom of page