top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「神:賛美ささげるお方」

◆クリスマス、おめでとうございます。神がそのひとり子イエス・キリストを私たちに与えてくださったことは世界最大のニュースです。2,000年以上前の出来事がいまだに「ニュース」として世界中に告げ知らされ続けています。それほどまでに、イエス・キリストの誕生は素晴らしく、価値があり、みなが知るべきニュースです。この地上でひとりぼっちではないこと、地上の生活がすべてではないこと、闇から光へと移されること、あなたがどれほど自分をみじめに思っても愛されていること、あなたがどれほど自分を責めても赦されていること・・・イエス・キリストは私たちのすべてを覆すお方です。

今日のクリスマス礼拝でもトーンチャイム、聖歌隊を含めて賛美をたくさん予定しています。また今月10日の礼拝では手話賛美があり、夏にはハングル語や英語でも賛美をささげました。まさに「すべての舌が『イエス・キリストは主です』と告白し、父なる神に栄光を帰する」(ピリピ2:11)礼拝をともにできることを感謝し、また誇りに思います。

◆トーンチャイムはその音色に天の輝きを連想します。その符を打つメンバーの手元や目線が主をたたえる尊い道具として用いられていて見るだけでも恵まれます。めぐみ聖歌隊は3パートに分かれているのが見事に1つとなり、声と言葉とが重なります。賛美しているメンバーの表情を見ると、ちょっとやそっとの揺らぎはまったく気になりませんね(♪)。手話賛美は、とっても美しいです。天と地、栄光と平和などすべての言葉にふさわしい表現がなされ、心なくしては決して賛美できないことを教えられます。また、多言語で賛美することは神の国の豊かさを実感します。きっと天の御国ではこうなんだろうなと味わわせてくれる至極の時間です。

◆これからますます礼拝賛美、個人生活での賛美が豊かにされ、主の栄光が現わされますように。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教会総会に際して」

◆本日は教会総会を開催します。年に1度の改まった会議になりますが、以下3つの点に留意しながら有意義な営みとしましょう。 ◆1つ目は回顧するためです。「主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな」(詩篇103:2)と命じながら信仰生活を歩んだダビデに倣います。2023年の恵みを思い返し、それに対してどのように計画していたか、それがどうなったかを確認します。「主のあわれみ・・・朝ごとに新しい」(哀歌3

「山本明子姉の召天」

◆2月10日、土曜の夜山本明子姉が召天されました。およそ2年4カ月におよぶ闘病生活でした。私自身は病院での明子姉との交わり、記憶しかありませんが、めぐみ教会の皆さんや入江先生ご夫妻から明子姉の信仰の姿についてたびたび教えていただきました。病院を訪問した際、明子姉は言葉を話すことはできませんでしたが、瞳、顔の表情、声で交わりをもってくださいました。また賛美をすると涙を流され、帰りにはしっかりと手を握

「会話における男女の違い」

◆私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団というグループに属しています。今は265余の教会・伝道所が日本とカナダ(1教会)にあります。本日は月刊機関紙「世の光」が配布されていますので、ぜひお読みになってください。国内の教会や国外の宣教地、信徒や教会の証し、また教会と国家や社会問題、被災地や福利厚生などどこからでも関心を持てる記事を見つけることができます。 ◆その中で12ページに掲載されて

bottom of page