top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「神:賛美ささげるお方」

◆クリスマス、おめでとうございます。神がそのひとり子イエス・キリストを私たちに与えてくださったことは世界最大のニュースです。2,000年以上前の出来事がいまだに「ニュース」として世界中に告げ知らされ続けています。それほどまでに、イエス・キリストの誕生は素晴らしく、価値があり、みなが知るべきニュースです。この地上でひとりぼっちではないこと、地上の生活がすべてではないこと、闇から光へと移されること、あなたがどれほど自分をみじめに思っても愛されていること、あなたがどれほど自分を責めても赦されていること・・・イエス・キリストは私たちのすべてを覆すお方です。

今日のクリスマス礼拝でもトーンチャイム、聖歌隊を含めて賛美をたくさん予定しています。また今月10日の礼拝では手話賛美があり、夏にはハングル語や英語でも賛美をささげました。まさに「すべての舌が『イエス・キリストは主です』と告白し、父なる神に栄光を帰する」(ピリピ2:11)礼拝をともにできることを感謝し、また誇りに思います。

◆トーンチャイムはその音色に天の輝きを連想します。その符を打つメンバーの手元や目線が主をたたえる尊い道具として用いられていて見るだけでも恵まれます。めぐみ聖歌隊は3パートに分かれているのが見事に1つとなり、声と言葉とが重なります。賛美しているメンバーの表情を見ると、ちょっとやそっとの揺らぎはまったく気になりませんね(♪)。手話賛美は、とっても美しいです。天と地、栄光と平和などすべての言葉にふさわしい表現がなされ、心なくしては決して賛美できないことを教えられます。また、多言語で賛美することは神の国の豊かさを実感します。きっと天の御国ではこうなんだろうなと味わわせてくれる至極の時間です。

◆これからますます礼拝賛美、個人生活での賛美が豊かにされ、主の栄光が現わされますように。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Kommentare


bottom of page