top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「聖書通読の方法」

◆新たな年が始まりました。さまざまな姿勢や取り組みをリセットするチャンスでもあります。ここでは聖書通読について記します。聖書は旧約929章、新約260章の合計1,189章があります。それを一年間365日で割ると3.25・・・となり、一日3章(時に4章)読んでいくと一年で聖書全巻を読むことができます。これは決して無茶な量ではないですね。しかし、計画的に進めないとやり遂げることが難しい量でもあります。毎日コツコツ続けることが聖書通読の最良の方法です。受付にいくつか聖書通読表を印刷したものを置いておきますので、ぜひご自由にお持ちください。

◆緑の用紙は聖書を順番に読み進め、読んだところを塗りつぶすパターンのものです。人間は目に見えて成果があるとやる気を保つことができるそうです。その点で、この用紙はやった分が一目で分かり、ゴールまでの量も明確になるのでおすすめです。今年、私はこの用紙で取り組みます。

◆青い用紙は聖書を歴史順に読んでいくものです。ある書物の途中で別の書物が入ることもありますが、聖書各書がぶつ切りではなく、互いに組み合わさっていることを知るためにも有益な方法です。

◆白い用紙は聖書をジャンルごとに読むもので、曜日ごとに聖書個所が変わります。ちょっと油断すると何を読んでいるのか迷子になってしまうこともありますが、マンネリ化を防ぎ、かつ全巻を読み通すのに有効な一つの方法です。聖書は文学としては律法(モーセ五書)、歴史書(ヨシュア記など)、諸書(詩篇など)、預言書(イザヤ書など)、福音書、書簡(新約の手紙)に分けられます。さらに主を知り、主に近づき、主と親しくなり、主との交わりを持つために、ぜひ聖書通読にチャレンジしてみましょう。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Comentarios


bottom of page