福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「陽性、養成、妖精、ようせい」

◆個人的なことで恐縮ですが、教会の記録のためにもこのコラムで記しますことご容赦ください。先週から私たち牧師夫婦がコロナウィルス感染、陽性となり現在は療養中です。翌日からは長女にも感染り、7月に経験した次女は今のところ健康状態を保っております。この期間、皆様にご迷惑をおかけしております。ただ、こんなにも支えられているのかと体験する日々でもあります。体調不良を覚えてから連絡を回せばすぐに祈りを開始していただき、陽性判定があってからは祈りと援助の養成にすぐ手が差し伸べられました。教会の生きた姿を体感した次第です。

◆差し入れなどはとかく遠慮してしまいがちですが、そんな隙間を与えないほどの(!)速く心地のよい祈りと支援が、私たち家族の支えとなりました。心より感謝いたします!まるで、皆さんが妖精のように見えています。いただいた療養の期間をじっくり過ごしたいと願います。

◆そして、先週はイースター以来となる、トラクト配布を行いました。小戸公園、姪浜駅でマスクとともに来週の集会、メッセージを記したトラクトを手渡しました。快く受け取ってくださる方、トラクト案内を見て会話を続けてくださる方、歩きながら読んでおられる方、何度も受け取ってくださる方(配布する子どもたちがかわいくて、断れない感じ♪)がおられました。そして中には無視や避けるようにする方、「うちは仏教!」と断る方もおられたようです。そんな経験をすればするほど、主イエスに仕えることの大切さを教えられます。また配布後には ティータイムを持つ恵みにあずかりました。尊い働きを「よくやった▶ようした▶ようせい」(無理あるか・・・)神の家族とともにある時間は素晴らしいことを再確認しました。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆私たち福岡めぐみ教会には礼拝を中心にしつつ、教会の働きを支え、進めるために各会があります。今回はその働きについて紹介いたします。といっても私は着任半年ですからみなさんの方がきっと詳しいですね! ◆壮年会(男性):毎月一回程度、礼拝後2階で集まっています。今はクリスマスに向けてお楽しみ賛美のプランもあります。男性は外では戦士のように過ごしています。せめて教会では重荷をおろせるオアシスのような交わり

◆先週は教団の教師研修会に参加してきました。学びからさまざまな気づき、刺激を受け、同労者との交わりを味わいました。個人的には4月の着任以来初めて九州を離れることに。それだけでとっても寂しかったですから気分はすっかり九州人でしょうか。帰路には岐阜の両親宅で一泊し、術後の父の顔も見ることができました。お祈りと派遣を心より感謝します。 ◆さて、こうした機会は何かと働き続ける傾向にあるこの世においては貴重

◆礼拝ではエペソ人への手紙を学んでいます。詳しくいえば「エペソにある教会の信徒へ」ということになります。また新約聖書の時代からおよそ300年間はいわゆる「教会堂」「大聖堂」は造られていませんから、それぞれの教会は「家の教会」であったことがわかります。そう考えると、「エペソ人への手紙」▶「エペソにある教会への手紙」▶「エペソにある各家の教会に集う人々」と噛み砕くことができます。さらには、完成した66

Fukuoka Megumi Church