top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「陽性、養成、妖精、ようせい」

◆個人的なことで恐縮ですが、教会の記録のためにもこのコラムで記しますことご容赦ください。先週から私たち牧師夫婦がコロナウィルス感染、陽性となり現在は療養中です。翌日からは長女にも感染り、7月に経験した次女は今のところ健康状態を保っております。この期間、皆様にご迷惑をおかけしております。ただ、こんなにも支えられているのかと体験する日々でもあります。体調不良を覚えてから連絡を回せばすぐに祈りを開始していただき、陽性判定があってからは祈りと援助の養成にすぐ手が差し伸べられました。教会の生きた姿を体感した次第です。

◆差し入れなどはとかく遠慮してしまいがちですが、そんな隙間を与えないほどの(!)速く心地のよい祈りと支援が、私たち家族の支えとなりました。心より感謝いたします!まるで、皆さんが妖精のように見えています。いただいた療養の期間をじっくり過ごしたいと願います。

◆そして、先週はイースター以来となる、トラクト配布を行いました。小戸公園、姪浜駅でマスクとともに来週の集会、メッセージを記したトラクトを手渡しました。快く受け取ってくださる方、トラクト案内を見て会話を続けてくださる方、歩きながら読んでおられる方、何度も受け取ってくださる方(配布する子どもたちがかわいくて、断れない感じ♪)がおられました。そして中には無視や避けるようにする方、「うちは仏教!」と断る方もおられたようです。そんな経験をすればするほど、主イエスに仕えることの大切さを教えられます。また配布後には ティータイムを持つ恵みにあずかりました。尊い働きを「よくやった▶ようした▶ようせい」(無理あるか・・・)神の家族とともにある時間は素晴らしいことを再確認しました。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

תגובות


bottom of page