top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

聖書を読むこと、適用すること(その3)

◆先週は「適用する」にフォーカスしましたが、今回は「聖書を読むこと」に重点を置いて分かち合います。もちろん、聖書を「適用する/実践する」ことは大切ですが、それは「正しい理解」のあることが大前提です。もし、あやふやなまま適用すればそれは過ちを犯しかねません。適用の前提には「聖書を読む」という土台があってこそです。個人的に聖書を読む方法は「聖書通読」が常套手段です。以下、通読のヒントを紹介します。◆「通読(つうどく)」は、辞書的な意味では「初めから終わりまで読み通す」ことです。それで通読表(受付にあり、またネット検索でも出てきます)を使ってとにかく「読み通す」ことを目標に取り組みます。意外かもしれませんが、これは「分かっても分からなくても読む」ことが継続の秘訣だそうです。「分からない」とひっかかってしまうと同時に読むことも止めてしまいます。まずは「分かる」ことよりも「読み続ける」ことを主眼に置きましょう。それが習慣になると、一つ山を超えてそれ以降も読み続けることができるようになります。通読の際に障壁となるのは、分からないことよりも諦めてしまう自分自身です。中には「一年間で新約聖書通読」「一年旧約通読」「一年旧新両約聖書通読」とハードルを自分に合わせて設定できます。◆さらに、通読の「順番」についても様々なアイデアがあります。いつも創世記で通読が終わってしまう、出エジプト記の幕屋の指示で止まってしまう、マタイの系図でヤメてしまう・・・これらは「通読あるある」です。そんな時は「五書」「福音書」「手紙」「預言書」「詩篇」など聖書の文学ジャンルに分けて得意なところから「攻める」やり方も面白いかもしれません。聖書に親しむ努力をしてみましょう!

閲覧数:20回1件のコメント

最新記事

すべて表示

「教会総会に際して」

◆本日は教会総会を開催します。年に1度の改まった会議になりますが、以下3つの点に留意しながら有意義な営みとしましょう。 ◆1つ目は回顧するためです。「主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな」(詩篇103:2)と命じながら信仰生活を歩んだダビデに倣います。2023年の恵みを思い返し、それに対してどのように計画していたか、それがどうなったかを確認します。「主のあわれみ・・・朝ごとに新しい」(哀歌3

「山本明子姉の召天」

◆2月10日、土曜の夜山本明子姉が召天されました。およそ2年4カ月におよぶ闘病生活でした。私自身は病院での明子姉との交わり、記憶しかありませんが、めぐみ教会の皆さんや入江先生ご夫妻から明子姉の信仰の姿についてたびたび教えていただきました。病院を訪問した際、明子姉は言葉を話すことはできませんでしたが、瞳、顔の表情、声で交わりをもってくださいました。また賛美をすると涙を流され、帰りにはしっかりと手を握

「会話における男女の違い」

◆私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団というグループに属しています。今は265余の教会・伝道所が日本とカナダ(1教会)にあります。本日は月刊機関紙「世の光」が配布されていますので、ぜひお読みになってください。国内の教会や国外の宣教地、信徒や教会の証し、また教会と国家や社会問題、被災地や福利厚生などどこからでも関心を持てる記事を見つけることができます。 ◆その中で12ページに掲載されて

1 Comment


解りやすい聖書の読み方を有難うございます。とても参考になります。フーミン牧師の礼拝メッセージ、上田市から拝聴させて頂いており毎回感謝&感激です。お姿が変わっておらず若々しさそのままですね!余談ですが私も熱いお茶大好きです!大学時代のバイクに乗っていた頃のフーミンにも会いたかった~!aoki


Like
bottom of page