• 大塚 史明 牧師

主の恵み

◆このコラムは牧師から教会のみなさんへ大事なことを伝える欄です。コラムの語源となっている【columna】)(ラテン語)は「円柱」という意味を持っています。柱は建物を支える大事な部分・役割を担っています。新聞等でも必ずコラム欄を一面に配置し、その社の権威や方針を位置づける重要な位置を占めています。同じように、この週報コラム欄も牧師が責任をもって教会の重要事項について執筆しています。他愛のない世間話や時事、一般知識に埋没することのないように(そういった情報は教会外にあふれていて、いつでもアクセスできます)、されど平易で楽しい読み物になるように努めますのでよろしくお付き合いください。◆かの神学者アウグスティヌスは「私は進歩しつつ書き、書きつつ進歩する人の一人であることを告白する」と著しました。後の宗教改革者カルヴァンも著書の結びにこの言葉を引用しています。そして、この言葉は推敲を繰り返しながらよい文章を書くことの進歩について教えていると同時に、実践面、人格面において進歩することも含まれています。むしろ、文章を書く力が進歩することが主眼にあるのではなく、時とともに品性が練られ、人格的総合的に進歩する者が書くことに意味があるのだと考えます。その点において、読みやすい文章と私自身の進歩(自分で言うのははばかられますね)、少なくとも格闘と葛藤を経ている者であることが分かっていただけるような取り組みをこのコラムで記していきたいと願っています。私たちを訓練してくださるのは主ご自身です。◆「それは、あなたを苦しめて、あなたを試し、あなたがその命令を守るかどうか、あなたの心のうちにあるものを知るためであった」(申命記8:2)

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆コロナ感染拡大の勢いが過去最高を記録しています。テレビ、新聞、ネット、SNS等で様々な情報にふれることができる昨今です。その中でよく「正しい情報を取り入れるようにしましょう」と注意喚起なされることもありますが、その「正しい情報」を判別することが可能なのでしょうか。逆の「偽りの情報」とはどんなものでしょうか。よく「ネットの情報はテレビに劣るから気をつけたほうがよい」と言われますが、今ではネットの方

◆本日はオンライン(基本)での礼拝となります。2020年以降、福岡めぐみ教会の皆さんは、この状況に慣れておられるでしょうか?もちろん、会堂でともに集まれることに越したことはありませんが、何とか公同の礼拝をささげるための知恵と手段が与えられていることに感謝したいものです。しかし、オンラインでは独特の疲れもありますね。普段は、ひょっとすると人付き合いで疲れることもあるかもしれませんが、オンラインだとま

◆長友忠昭兄弟の前夜式を10日日曜に、葬儀を翌11日月曜に執り行いました。先月に入院された際にはふらつきからの転倒とのことでしたが、検査をする中で病が見つかり身体の状態は芳しくなくなり、今月に入ってからは余命宣告がなされるという思わぬ展開に信子夫人はじめ、ご家族も戸惑いと驚きの連続であったことと思います。長友兄は長年の祈りが答えられ、昨年10月3日にバプテスマの恵みに授かりました。入江牧師によると