top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

オンライン礼拝のこころえ

更新日:2022年8月12日

◆本日はオンライン(基本)での礼拝となります。2020年以降、福岡めぐみ教会の皆さんは、この状況に慣れておられるでしょうか?もちろん、会堂でともに集まれることに越したことはありませんが、何とか公同の礼拝をささげるための知恵と手段が与えられていることに感謝したいものです。しかし、オンラインでは独特の疲れもありますね。普段は、ひょっとすると人付き合いで疲れることもあるかもしれませんが、オンラインだとまた別の面での気苦労があるように思います。また、どこか満たされない思い、釈然としない消化不良感が残るような気もします。主が病に苦しむ人を癒やし、傍らで介抱する者たちを守り、病を終わらせてくださいますように。◆さて、可能なかぎりオンラインで祝福をいただくための整いを挙げてきます。①普段の家ではなく、主日礼拝の場として部屋を整えよう。ダビデは「神よ あなたは私の神。私はあなたを切に求めます・・・私は あなたの力と栄光を見るために こうして聖所で あなたを仰ぎ見ています」(詩篇63:1,2)と記しています。ここにある「聖所」は神殿や王宮ではなく、「荒野」であったことが表題から見て取れます。ダビデにとっては、荒野でさえ聖所となり得ました。そこで生ける神を礼拝し、出会うからです。賛美をささげ、新しくされるからです。ぜひ、私たちも今ある場所を「聖所」とし、神との交わりに没頭いたしましょう。◆②身だしなみを整えよう。礼拝は普段着で構いません。それでも、会堂に集うときには、少しおしゃれをする、近所を徘徊するのとは違う身だしなみを意識しているはずです。家での礼拝になるとその意識が薄れ、着の身着のまま、あるいは上着はしっかりしたもので、下はパジャマ(!)なんてことにもなりかねません。少々時間や手間がかかっても、会堂に集うのと同じ意識で、また何より主にお会いするのにふさわしい身だしなみ、格好をしてみましょう。◆③賛美と祈りをしっかりとささげよう。オンラインの場合、皆さんのお顔表示をぜひお願いします。そして、マイク機能はオフにしていただきます。しかし、その場ではぜひ声に出して賛美をし、集中して祈りましょう。賛美は自分から発するだけでなく、発したものが自分の身に染み込んでくる恵みの手段ともなります。変な話し、自分の賛美の声に励まされたり、画面を通じて一人ひとりの表情の豊かさにひとかたならず励まされたりします。きっとあなたの賛美の声、表情もともにしている人々に祝福を与えるものとなっています。

以上を実践し、生けるまことの神を生き生きと礼拝する我々でありたく願います。


閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Comments


bottom of page