• 大塚 史明 牧師

主の恵み

◆福岡めぐみ教会は、牧師の交代に伴い様々な変化も経験しています。これまであったもの、育ったもの、慣れ親しんだものからの変化には抵抗を覚えるものです。寂しさや違和感を覚えたりもします。慣れ親しんだ良きものが根こぎにされてしまうことがないよう留意しつつ、新たな歩みをご一緒にしてまいりたく願っております。今回は「環境を整える」ことについて綴ってみます。◆先週より、教会の二階部分が活動のために使えるようになりました。かねてからの願いであった緊急時の相談、主にささげられた献金を取り扱うに十分な環境、さらに豊かな交わりや落ち着いた学びの部屋等々を設けることができるようになります。これまで祈りを積み、牧師交代の機会をとらえ実現したものです。本日は説明と意見交換いたしますが、神の国広がりをこのことでも実感したいものです。これからは教会看板の付け替えやパンフレットの作成を予定しています。◆このように環境を整えることは、創造主なる神さまが人に願われていることです。創造主なる神は、エデンの園をいわゆる楽園にはしませんでした。「神である主は人を連れて来て、エデンの園に置き、そこを耕させ、また守らせた」(創世記2章15節)。何もしなくても不自由なく過ごすのではなく、「耕させ、また守らせた」という状態こそ最高の舞台なのでした。働くこと、勤しむこと、維持すること、知恵を活かすこと、工夫を重ねること、考えること、回顧すること、次を準備すること、未来をさらに良くすること。これがエデンの園であり、そうした世界を主は「非常に良かった」とご覧になられたのです。私たちがともに労しつつ環境を整え、神の素晴らしさを反映させる。ぜひ、福岡めぐみ教会をエデンの園に!

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆コロナ感染拡大の勢いが過去最高を記録しています。テレビ、新聞、ネット、SNS等で様々な情報にふれることができる昨今です。その中でよく「正しい情報を取り入れるようにしましょう」と注意喚起なされることもありますが、その「正しい情報」を判別することが可能なのでしょうか。逆の「偽りの情報」とはどんなものでしょうか。よく「ネットの情報はテレビに劣るから気をつけたほうがよい」と言われますが、今ではネットの方

◆本日はオンライン(基本)での礼拝となります。2020年以降、福岡めぐみ教会の皆さんは、この状況に慣れておられるでしょうか?もちろん、会堂でともに集まれることに越したことはありませんが、何とか公同の礼拝をささげるための知恵と手段が与えられていることに感謝したいものです。しかし、オンラインでは独特の疲れもありますね。普段は、ひょっとすると人付き合いで疲れることもあるかもしれませんが、オンラインだとま

◆長友忠昭兄弟の前夜式を10日日曜に、葬儀を翌11日月曜に執り行いました。先月に入院された際にはふらつきからの転倒とのことでしたが、検査をする中で病が見つかり身体の状態は芳しくなくなり、今月に入ってからは余命宣告がなされるという思わぬ展開に信子夫人はじめ、ご家族も戸惑いと驚きの連続であったことと思います。長友兄は長年の祈りが答えられ、昨年10月3日にバプテスマの恵みに授かりました。入江牧師によると