top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

環境を整える務め

更新日:2022年8月12日

◆福岡めぐみ教会は、牧師の交代に伴い様々な変化も経験しています。これまであったもの、育ったもの、慣れ親しんだものからの変化には抵抗を覚えるものです。寂しさや違和感を覚えたりもします。慣れ親しんだ良きものが根こぎにされてしまうことがないよう留意しつつ、新たな歩みをご一緒にしてまいりたく願っております。今回は「環境を整える」ことについて綴ってみます。◆先週より、教会の二階部分が活動のために使えるようになりました。かねてからの願いであった緊急時の相談、主にささげられた献金を取り扱うに十分な環境、さらに豊かな交わりや落ち着いた学びの部屋等々を設けることができるようになります。これまで祈りを積み、牧師交代の機会をとらえ実現したものです。本日は説明と意見交換いたしますが、神の国広がりをこのことでも実感したいものです。これからは教会看板の付け替えやパンフレットの作成を予定しています。◆このように環境を整えることは、創造主なる神さまが人に願われていることです。創造主なる神は、エデンの園をいわゆる楽園にはしませんでした。「神である主は人を連れて来て、エデンの園に置き、そこを耕させ、また守らせた」(創世記2章15節)。何もしなくても不自由なく過ごすのではなく、「耕させ、また守らせた」という状態こそ最高の舞台なのでした。働くこと、勤しむこと、維持すること、知恵を活かすこと、工夫を重ねること、考えること、回顧すること、次を準備すること、未来をさらに良くすること。これがエデンの園であり、そうした世界を主は「非常に良かった」とご覧になられたのです。私たちがともに労しつつ環境を整え、神の素晴らしさを反映させる。ぜひ、福岡めぐみ教会をエデンの園に!

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆教会の使命は「福音宣教に生きる」ことです。主なる神は、この地上に教会をお建てになりました。それは「神がご自身の血をもって買い取られた神の教会」(使徒20:28)であり、「私たちはキリストに代わる使節」(2コリント5:20)であり、「使節の務めを果た」(エペソ6:20)すために、「世から選び出し」「世に遣わされ」(ヨハネ17:6、18)た存在です。これは聖書に書いてある理想的な教会のすがたのように

◆6月からスタートした英語クラス。現在は7クラスあります。特筆すべきはそのうち1クラスだけが教会堂で、その他6クラスは会堂外で開催されていることです。これは歴史的な一歩と呼んでも大げさではありません。6クラスのうち2クラスずつが宣教師宅、あとは1クラスが信徒宅、1クラスは生徒宅(!)です。主がアンバリー、ローレン姉を送ってくださり、案内トラクトが作成され、配布され、祈って迎えた英語クラスをこのよう

◆先週木曜のお出かけエステル会は唐津へ足を延ばしました。昨年来、何度か唐津城には訪れたことがありましたが、今回はほかならぬエステル会の姉妹方をお連れするので入念に下調べをして臨みました。すると、思わぬ歴史が埋まっていました(私が不勉強なだけなのは差し置きましょう)。唐津はかの二十六聖人がたどった地だったのです。国外宣教師6名、日本人修道者(献身者)20名が1597年2月5日に長崎にて殉教しました。

bottom of page