top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

牧師就任式

更新日:2022年8月12日

◆先週木曜は「牧師就任式」をしていただきました。異動・着任から一ヶ月以上経過していて、すでに皆様に祈って迎えていただき、喜びの礼拝生活をストレスなく送っていたところですので、文字通り「改まって」という感じでしたが、執り行っていただいて本当に良かったと振り返る次第です。特に「牧師と教会員の誓約」は格別でした。右手を挙げながら主の前に約束をいたしました。手を挙げることで、より誓約の重み、主の前で本当に約束している強い感覚の迫りを覚えました。言葉と所作の大切さを教えられたときです。◆用意してくださったお花、昼食、茶菓を味わい、その後は司式をしてくださった裵東烈師と奥様の朴永美先生への質問タイムがありました。先生ご夫妻の出会いからのストーリーが大変面白く、会場はずっと笑いっぱなし。特にパク・ヨンミ先生の抱腹絶倒トークは録画ものでしたね。きっと第一コリントの続きがあれば「笑いの賜物」と記されていそうな常人離れしたトーク力。けれども、笑いだけではなく、はっきりと神さまの導きや信仰者の祈りの姿が見えたからこそ、私たちはあれほど満たされたのではないでしょうか。 ただの笑い話、単純に楽しいだけではなく、主に従う者の戦いと恵みとみわざを分かち合うものでした。◆会の終盤でヨンミ先生が「べー牧師の愛が最初から変わらないところ」とおっしゃった際、目の奥に光るものがあったと妻が教えてくれました。べー先生も「私たち二人は違います。だから人間の愛で愛そうと思っても無理です。主からいただく、主だけからいただく愛によって愛することです」と言われていたことが、現在学んでいる第一コリント13章のアガペーの愛の具体的モデル、証しだなあと教えられました。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Kommentare


bottom of page