top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

牧師就任式

更新日:2022年8月12日

◆先週木曜は「牧師就任式」をしていただきました。異動・着任から一ヶ月以上経過していて、すでに皆様に祈って迎えていただき、喜びの礼拝生活をストレスなく送っていたところですので、文字通り「改まって」という感じでしたが、執り行っていただいて本当に良かったと振り返る次第です。特に「牧師と教会員の誓約」は格別でした。右手を挙げながら主の前に約束をいたしました。手を挙げることで、より誓約の重み、主の前で本当に約束している強い感覚の迫りを覚えました。言葉と所作の大切さを教えられたときです。◆用意してくださったお花、昼食、茶菓を味わい、その後は司式をしてくださった裵東烈師と奥様の朴永美先生への質問タイムがありました。先生ご夫妻の出会いからのストーリーが大変面白く、会場はずっと笑いっぱなし。特にパク・ヨンミ先生の抱腹絶倒トークは録画ものでしたね。きっと第一コリントの続きがあれば「笑いの賜物」と記されていそうな常人離れしたトーク力。けれども、笑いだけではなく、はっきりと神さまの導きや信仰者の祈りの姿が見えたからこそ、私たちはあれほど満たされたのではないでしょうか。 ただの笑い話、単純に楽しいだけではなく、主に従う者の戦いと恵みとみわざを分かち合うものでした。◆会の終盤でヨンミ先生が「べー牧師の愛が最初から変わらないところ」とおっしゃった際、目の奥に光るものがあったと妻が教えてくれました。べー先生も「私たち二人は違います。だから人間の愛で愛そうと思っても無理です。主からいただく、主だけからいただく愛によって愛することです」と言われていたことが、現在学んでいる第一コリント13章のアガペーの愛の具体的モデル、証しだなあと教えられました。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教会総会に際して」

◆本日は教会総会を開催します。年に1度の改まった会議になりますが、以下3つの点に留意しながら有意義な営みとしましょう。 ◆1つ目は回顧するためです。「主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな」(詩篇103:2)と命じながら信仰生活を歩んだダビデに倣います。2023年の恵みを思い返し、それに対してどのように計画していたか、それがどうなったかを確認します。「主のあわれみ・・・朝ごとに新しい」(哀歌3

「山本明子姉の召天」

◆2月10日、土曜の夜山本明子姉が召天されました。およそ2年4カ月におよぶ闘病生活でした。私自身は病院での明子姉との交わり、記憶しかありませんが、めぐみ教会の皆さんや入江先生ご夫妻から明子姉の信仰の姿についてたびたび教えていただきました。病院を訪問した際、明子姉は言葉を話すことはできませんでしたが、瞳、顔の表情、声で交わりをもってくださいました。また賛美をすると涙を流され、帰りにはしっかりと手を握

「会話における男女の違い」

◆私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団というグループに属しています。今は265余の教会・伝道所が日本とカナダ(1教会)にあります。本日は月刊機関紙「世の光」が配布されていますので、ぜひお読みになってください。国内の教会や国外の宣教地、信徒や教会の証し、また教会と国家や社会問題、被災地や福利厚生などどこからでも関心を持てる記事を見つけることができます。 ◆その中で12ページに掲載されて

bottom of page