top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

町巡りの楽しさ

更新日:2022年8月12日

◆こちらに来てから夫婦で楽しみにしていること。それは、西区ドライブです。盛岡から福岡は未知の世界。教会に通うことのできる住まいを探していたこともあって、グーグルマップで福岡めぐみ教会にピン止めをして、空き物件を見つけては教会との距離や通いやすさ、ストリートビューで家とその周辺を見たりしていました。ああでもない、こうでもないと空想するのは楽しいものでした。想像ではそのように楽しめたのですが、実際は刻々と引っ越し期日が迫る中、なかなか決まらなかったのでどうなるのかな?と主にお任せするしかない境地でした。めぐみ教会のみなさんには、私たちと出会う前から祈り続けてくださったことを感謝いたします。それによって、私たちも「神さまが備えてくださっているから大丈夫」と祈られているからこその平安をいただくことができました。◆そうして来たこの地。無事牧師居宅への引っ越しも終わった今、西区ドライブの目的が、来福前に見ていた数々の「物件巡り」なのです♪ネットでの不動産サイトには物件の番地までは記載されていないので、町名やおおよその地域しか分かりません。それでも家の特徴や周辺の施設などの記憶を頼りにしながら、これまで7つほどの家を探し当てることができました。ひょっとしたら住む気でいたので、それらの家を発見する喜びは尋常ではありません。これを周囲から見ると、町内をノロノロ運転で夫婦がキョロキョロしているのですから怪しいものです。しばらくその家の前に停車し、この目で確認する作業はタダで楽しめる小旅行です。そして、帰りには「主が一番良い所を備えてくださったね」という結論で夫婦一致するのでした。「立って、この地を歩き回りなさい」(創世記13:17)

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教会総会に際して」

◆本日は教会総会を開催します。年に1度の改まった会議になりますが、以下3つの点に留意しながら有意義な営みとしましょう。 ◆1つ目は回顧するためです。「主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな」(詩篇103:2)と命じながら信仰生活を歩んだダビデに倣います。2023年の恵みを思い返し、それに対してどのように計画していたか、それがどうなったかを確認します。「主のあわれみ・・・朝ごとに新しい」(哀歌3

「山本明子姉の召天」

◆2月10日、土曜の夜山本明子姉が召天されました。およそ2年4カ月におよぶ闘病生活でした。私自身は病院での明子姉との交わり、記憶しかありませんが、めぐみ教会の皆さんや入江先生ご夫妻から明子姉の信仰の姿についてたびたび教えていただきました。病院を訪問した際、明子姉は言葉を話すことはできませんでしたが、瞳、顔の表情、声で交わりをもってくださいました。また賛美をすると涙を流され、帰りにはしっかりと手を握

「会話における男女の違い」

◆私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団というグループに属しています。今は265余の教会・伝道所が日本とカナダ(1教会)にあります。本日は月刊機関紙「世の光」が配布されていますので、ぜひお読みになってください。国内の教会や国外の宣教地、信徒や教会の証し、また教会と国家や社会問題、被災地や福利厚生などどこからでも関心を持てる記事を見つけることができます。 ◆その中で12ページに掲載されて

bottom of page