top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

協働の大切さ

更新日:2022年8月12日

◆先週金曜日は私にとって初めての「Together」ミーティングを持ちました。牧師夫妻、宣教師夫妻(開拓チームのヒックス夫妻、ブローダス夫妻)とで持つ開拓に向けての話し合いです。けれども、トピックは宣教の方法や場所といった情報だけでなく、聖書的な教会開拓に関する質問、互いの霊的課題を分かち合って祈ることなど実に恵み深いときでした。そのためにはまず正直に話し、打ち明けてくださることが大切です。その素地がすでに築かれていることに感銘を受けました。入江牧師夫妻がこれまで導いてくださった財産をここでも痛感した次第です。◆さて、私は二代目の牧師として着任いたしましたが、初代の入江先生から福岡めぐみ教会のビジョンとして、「教会を生み出す教会である」受け継いでいます。それは考えや標語だけでなく、過去の教会総会資料、執事会議事録に記された議題、そしてそのために祈り続けてこられた軌跡。これらを重く受け止め、宣教のめぐみを絶やすことなく、ここから出ていく、遣わされていくことに後ろ向きにはなってはならないよ、というチャレンジをいただいています。◆主が同盟教団全体を励まして取り組みが開始された1995年の福岡めぐみ教会開拓。その流れの中で私たち夫妻も2004年に岩手開拓に派遣され、祈り、献金、キャラバン伝道等を通して多くの方々に支えていただきました。教会開拓では派遣される教師の召命とスピリットも勿論要求されますが、それ以上の鍵は「支え手・助け手の存在」です。彼らの存在がなければ開拓は始まりも進みもしません。まず福岡めぐみ教会が開拓への重荷を皆で共有し、開拓の祈り手・支え手としての機運を高めつつ、歩んでまいりたく願います。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Comments


bottom of page