top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「手話賛美で教えられて」

◆先月から礼拝での結びになる主の祈り、頌栄を手話でもって賛美しています。準備、リードしてくださる兄弟姉妹に感謝します。私も岐阜市での母教会では説教や賛美に手話通訳がある環境で過ごしました。暗唱聖句や主の祈り等を手話で教えていただくうちに、何を祈っているのか、何を賛美しているのかを掘り下げて考えるようになりました。また手話は表情も伴ってその意味をもたらします。喜びは喜んで、願いは願って、罪は悲しんで表現しながら手話をしないと意味が伝わらないとも教えてもらいました。

◆手話賛美は、意味を味わうとともに、その速度にも注意が必要です。速すぎると手話が流れてしまい、それは意味も失うことになります。また遅すぎたり、タメがありすぎると手話では表せないすき間ができてしまうので、その点も集中が求められます。

◆また速度とは別にリズムやテンポにも気をつけないとなりません。具体的には言葉と言葉の合間や次の小節への入り方などが不ぞろいだと賛美が崩れてしまい、それを曲中に取り戻すのは難しくなります。反対にこの点がそろって進んでいくと全体に心地よさが行き渡り、まさに一体感がうまれてきます。

◆声の賛美と手話賛美を分けるよりも、賛美とは何かという本質から考えると、主をたたえること、礼拝すること、教会全体でささげること、一人ひとりが組み合わされていくこと、聖霊の導きと働きを求めること等多面的な視野も養われていきます。幸い、私たちの教会では手話を教えてくださる兄弟姉妹がおりますので、ぜひ手話のやり方やなり立ち等も教えてもらってみてください。「ラッパを吹き鳴らす者たち、歌い手たちが、まるで一人のように一致して歌声を響かせ、主を賛美し、ほめたたえた」(第二歴代誌5:13)

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「神を意識して」

はじめに 先週水曜日の夜、大分県沖(豊後水道)を震源とした地震がありました。その直前、携帯電話に緊急地震速報(警報)があり、アラームが鳴り響きました。私が東北にいたころは、ひんぱんに地震があったのである程度慣れていましたが、九州に来て2年が過ぎ、地震への警戒が薄れていました。自分でも意外なくらい、警報の通知音に心身が反応していました。 そして、これが本来の警報の役割であり、効果であると思いました。

「整えられた道を」

はじめに 本日から新たな聖書箇所でシリーズが始まります。これからしばらくの間、主の日の礼拝ではルカの福音書からみことばを聞いてまいりましょう。1-2章はクリスマスの出来事が記されており、昨年の12月アドベントで開きましたので、3章からスタートいたします。 ルカの福音書の著者はルカとされています。この福音書自体にルカが著者であるとは書かれていませんが、使徒の働き28:14の「私たち」や、またパウロの

Comments


bottom of page