top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「手話賛美で教えられて」

◆先月から礼拝での結びになる主の祈り、頌栄を手話でもって賛美しています。準備、リードしてくださる兄弟姉妹に感謝します。私も岐阜市での母教会では説教や賛美に手話通訳がある環境で過ごしました。暗唱聖句や主の祈り等を手話で教えていただくうちに、何を祈っているのか、何を賛美しているのかを掘り下げて考えるようになりました。また手話は表情も伴ってその意味をもたらします。喜びは喜んで、願いは願って、罪は悲しんで表現しながら手話をしないと意味が伝わらないとも教えてもらいました。

◆手話賛美は、意味を味わうとともに、その速度にも注意が必要です。速すぎると手話が流れてしまい、それは意味も失うことになります。また遅すぎたり、タメがありすぎると手話では表せないすき間ができてしまうので、その点も集中が求められます。

◆また速度とは別にリズムやテンポにも気をつけないとなりません。具体的には言葉と言葉の合間や次の小節への入り方などが不ぞろいだと賛美が崩れてしまい、それを曲中に取り戻すのは難しくなります。反対にこの点がそろって進んでいくと全体に心地よさが行き渡り、まさに一体感がうまれてきます。

◆声の賛美と手話賛美を分けるよりも、賛美とは何かという本質から考えると、主をたたえること、礼拝すること、教会全体でささげること、一人ひとりが組み合わされていくこと、聖霊の導きと働きを求めること等多面的な視野も養われていきます。幸い、私たちの教会では手話を教えてくださる兄弟姉妹がおりますので、ぜひ手話のやり方やなり立ち等も教えてもらってみてください。「ラッパを吹き鳴らす者たち、歌い手たちが、まるで一人のように一致して歌声を響かせ、主を賛美し、ほめたたえた」(第二歴代誌5:13)

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教会総会に際して」

◆本日は教会総会を開催します。年に1度の改まった会議になりますが、以下3つの点に留意しながら有意義な営みとしましょう。 ◆1つ目は回顧するためです。「主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな」(詩篇103:2)と命じながら信仰生活を歩んだダビデに倣います。2023年の恵みを思い返し、それに対してどのように計画していたか、それがどうなったかを確認します。「主のあわれみ・・・朝ごとに新しい」(哀歌3

「山本明子姉の召天」

◆2月10日、土曜の夜山本明子姉が召天されました。およそ2年4カ月におよぶ闘病生活でした。私自身は病院での明子姉との交わり、記憶しかありませんが、めぐみ教会の皆さんや入江先生ご夫妻から明子姉の信仰の姿についてたびたび教えていただきました。病院を訪問した際、明子姉は言葉を話すことはできませんでしたが、瞳、顔の表情、声で交わりをもってくださいました。また賛美をすると涙を流され、帰りにはしっかりと手を握

「心の嵐をしずめて」

聖書箇所 : ルカの福音書10章38~42節 はじめに 「なんで私ばっかり」と思ったことはありませんか? 家庭や職場、教会でもよく聞いたり、自分でも言ってしまうセリフかもしれません。 大学時代、バイクで遠出するのが楽しみでした。お金をかけない旅ですので、はじめの年は毛布だけ持って行きました。海辺で寝るととても寒いことに気づきました。次の年は寝袋を持って行きました。テントがないと蚊にさされることがわ

Comments


bottom of page