top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「ガチで一枚は尊い」

◆本日は「アスレチックフェスタ」開催日です。主が教会学校教師会に志とアイデアを与えてくださり、計画と奉仕者を立ててくださり、ここまでやってまいりました。その中の目玉は近隣の3つの小学校(壱岐東、壱岐、石丸)に手渡し配布をして周知することでした。新たなおどもたち、家族が教会に導かれるように、私たちもなんとかしたいと思った次第です。コロナ禍で縮小していたこうした活動も、できつつありますね。

◆さて、そのために千枚のトラクトが千枚用意されました。ちなみに、個人的にはチラシという言い方を避けたいので、このように呼びます。トラクトはの意味は「引く、牽引する」でここから「人をキリストのもとに引っ張ってくる」から教会からの配布文書をトラクトと呼ぶようになっています。農耕具などを牽引する「トラクター」を連想するとわかりやすいですね。そうです、この「一枚のトラクト」がその人をキリストのもとに連れ出してくれるのです。その意味で、トラクト配布、手渡しは福音を告げ知らせるりっぱな働きの一つです。

◆木曜と金曜の両日、のべ12名の兄弟姉妹が時間を確保し、3つの小学校で手渡しのご奉仕をささげてくださいました。子どもたちの多くは快く受け取ってくれ、呼びかけにも応じてくれたり、行きたいと言ってくれる子もいたようです。私には「イエス・キリストってだれ?」と聞いてくれる子がいて、短く福音を伝えることができました。きっかけは「一枚のトラクト」です。たった一枚が、受け取る人の永遠の行く末を定める力を秘めています。そう、ガチでトラクト配布は尊い働きです!!教会受付にもめぐみ教会の判を押したトラクトがあります。定められた時間も枚数のノルマもありません。のびのびとできます。ぜひ、この一枚が御国への道案内になることを覚え、とうとい働きをおささげください。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

◆今週から教会の暦は「アドベント・待降節」となります。クリスマスの前にこの「アドベント」が備えられているのは、私たちがいきなりクリスマスを向かるのではなく、備えつつ、待ち望みつつ過ごすことが大事だからです。「アドベント・待降節」は文字通り、イエス・キリストの降誕を待ち望む期間です。語源となっているのはラテン語の「アドベニオー」で、それは「立ち起こる」という意味となります。ここからアドベンチャー・冒

◆現在、執事会や牧師宣教師夫妻ミーティング(together)では福岡めぐみ教会が次の宣教をどのように取り組むのか、祈りつつ話し合っています。開拓以来26年間、入江牧師、直美伝道師によって聖書にもとづいた堅い土台の上に建てられたこの教会。牧師交代を経験し、さらにここから宣教に向かって前進していきたいと願っています。パイオニアズ宣教団を通して3組もの宣教師をこの教会に送ってくださっていますことにも主

◆私たちはインプットとアウトプットを繰り返しながら生きています。例をあげれば、食べる→動く、勉強する→試験を受ける、思考する→発言するなどたくさん思いつきます。またこれには人それぞれのバランスがあるので、インプットが得意な人とアウトプットが得意な人がいます。インプットに傾いている人は、思慮深い、よく本を読むなど特徴がありますが、逆に内省的、物静かといった見られ方をすることもあるかもしれません。アウ

Fukuoka Megumi Church

bottom of page