top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「九州宣教区のために祈ろう」

◆今週は連合婦人会が福岡めぐみ教会を会場に開催されます。講師の佐藤耕二師、美香師は愛知県岡崎市で教会開拓をスタートされ、三重県や宮崎県でも開拓に着手するなど福音宣教に燃えている牧師ご夫妻です。ゴスペル講師の美香師は昨年のクリスマスにめぐみクワイア隊が賛美したクリスマスメドレーをアレンジされた方です。先月の賛美「神の国とその義を」など多くの賛美の作詞作曲を手掛け、ユース世代等多くの賛美グループの誕生や育成にも関わっています。今回のメッセージとワークショップをどうぞご期待ください。

◆開催当日は九州宣教区から婦人方を中心に集まります。1990年に福岡めぐみ教会の開拓が始まった当初は数教会でしたが、今は九州全県に同盟教団の教会が設置されています(開拓、加盟を含む)。福岡県には小倉中央、北九州聖書、福岡めぐみ、大分は中津聖書、大分希望、大分恵み、長崎県は佐世保(壱岐伝道所)、佐賀県は佐賀バイブルチャーチ、熊本県は光の森聖書、宮崎めぐみ聖書、鹿児島いずみと11教会です。

◆具体的な祈りのトピックとしては、牧師を求めていた北九州は来春から小倉の金先生が兼牧となり、大分希望は牧師を求めています。中津は牧師夫人の入院が控えています(祈祷課題をご覧ください)。開拓スタートは鹿児島が2018年、佐賀が2022年です。

◆今後の宣教区での交流としては、10/22にブライアン師が佐賀バイブルチャーチで、11/12は宣教区内の講壇交換でジョナサン師が北九州聖書教会で礼拝説教をし、福岡めぐみ教会には佐世保の坂口文雄先生が来てくださり、私(大塚)は鹿児島いずみ教会の礼拝に参ります(人生初の鹿児島!)。2024年1/8(月・祝)は熊本にて九州聖会(講師:野口富久師/松原聖書教会)があります。ここではゴスペルハウス(家の教会)に関する証しなども聴くことができるでしょう。それぞれの地で福音宣教に仕え、励まし、祈り合いましょう。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Comments


bottom of page