top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「二十六聖人痕跡の地、唐津」

◆先週木曜のお出かけエステル会は唐津へ足を延ばしました。昨年来、何度か唐津城には訪れたことがありましたが、今回はほかならぬエステル会の姉妹方をお連れするので入念に下調べをして臨みました。すると、思わぬ歴史が埋まっていました(私が不勉強なだけなのは差し置きましょう)。唐津はかの二十六聖人がたどった地だったのです。国外宣教師6名、日本人修道者(献身者)20名が1597年2月5日に長崎にて殉教しました。その年の1月3日に後ろ手に縛られた彼らが京都を出発し、月末に博多に着きます。その後おそらく加布里か深江の港から唐津の船着き場に到着したのが2月1日とされます( 一連の記録については「日本二十六聖人殉教記」ルイス・フロイス著、結城了悟訳を購入されると良いと思います。聖母文庫)。

◆このとき、唐津に迎えたのは唐津城主である寺沢広高の弟、半三郎です。記録によれば城主であり長崎奉行も務めていた寺沢は1595年にゴメス宣教師から洗礼を受けていましたが、この迫害時に棄教した、あるいは同じキリシタンを処刑するのが耐えられなくて弟の半三郎に実行を命じた、ともされています。半三郎はこれから五日間、二十六聖人と同行し処刑の任に当たっています。

◆当日は、その船着き場があったと「札の辻公園」「千鳥橋」を巡り、二十六聖人を記念する石碑、説明書きのところで祈りをささげました。聖人たちは迫害時にも勇敢で不安や不満をいっさいもらさず、主イエスの信仰のために殉教できることを何よりの名誉としていました。その姿に胸打たれ、各地で彼らを丁寧にもてなす人々が現れました。その唐津では木屋利右衛門という船長(築城の木材や交渉を取り仕切る人)が、その母屋で聖人たちを宿泊させたそうです。諸外国であればこの唐津も相当な聖地扱いされていて当然なのではないかと指摘もあります。教会遠足らしく、信仰者の足跡をたどる恵みにあずかった行程でした。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

댓글


bottom of page