top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「会話における男女の違い」

◆私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団というグループに属しています。今は265余の教会・伝道所が日本とカナダ(1教会)にあります。本日は月刊機関紙「世の光」が配布されていますので、ぜひお読みになってください。国内の教会や国外の宣教地、信徒や教会の証し、また教会と国家や社会問題、被災地や福利厚生などどこからでも関心を持てる記事を見つけることができます。

◆その中で12ページに掲載されている男女の争いの素となる記事が個人的には面白かったので、ここでも紹介しますね。争いの原因となる男性と女性の会話の違いが箇条書きになされています。比較すると思い当たることが多々ありました。※( )内は私のツッコミです。

◆男性の会話の特徴は①ゴールから語る(結論しか話さない!)、②答えを決めてから話す(事前に相談しない!)、③聞かれるまで話したがらない(反抗期か!)、④なるべく話題を絞る(何に急いでるん?)、⑤言葉のまま受け取る(キャパが狭い!)と男性ならば「イタタタタッ」となる項目ばかりです。

◆女性の会話の特徴は①スタートから語り始める(めちゃくちゃ長い)、②話しながら答えを見つける(オチがない)、③自分から話したがる(全部の話題に入ってヒロインになる)、④どんどん広げていく(自分でもわかってないっぽい)、⑤気持ちを汲み取ってほしい(結局そこ!)と図星な点もあるかもしれません。

◆ただ、これは男女の違いであって、どちらかが正しいとか、どっちかでなければならないという問題ではありません。無理に互いに分かり合おうとするとぎこちなくなりかえって気まずくなることもあります。以前「どうでもよいことを報告したくなる相手こそ大事な人」と聞いたことを思い出しました(オチなし♪)。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教会総会に際して」

◆本日は教会総会を開催します。年に1度の改まった会議になりますが、以下3つの点に留意しながら有意義な営みとしましょう。 ◆1つ目は回顧するためです。「主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな」(詩篇103:2)と命じながら信仰生活を歩んだダビデに倣います。2023年の恵みを思い返し、それに対してどのように計画していたか、それがどうなったかを確認します。「主のあわれみ・・・朝ごとに新しい」(哀歌3

「山本明子姉の召天」

◆2月10日、土曜の夜山本明子姉が召天されました。およそ2年4カ月におよぶ闘病生活でした。私自身は病院での明子姉との交わり、記憶しかありませんが、めぐみ教会の皆さんや入江先生ご夫妻から明子姉の信仰の姿についてたびたび教えていただきました。病院を訪問した際、明子姉は言葉を話すことはできませんでしたが、瞳、顔の表情、声で交わりをもってくださいました。また賛美をすると涙を流され、帰りにはしっかりと手を握

「祈りの答えって?」

◆祈りの大切さについてはよく聞きます。私たちはほぼ日常的に「祈りなさい」と教えられ、「祈りましょう」と励ましを受けます。主イエスは「あなたがたが祈るときは、家の奥の自分の部屋に入りなさい。そして戸を閉めて、隠れたところにおられるあなたの父に祈りなさい。」(マタイ6:6)と言われます。これは、私たちが一人で祈る姿を形成しているかを見つめ直すようにとの促しでもあります。そのためには、祈ることの意味や喜

Comments


bottom of page