top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「受難週の歩み」

◆人となられた主イエスは、地上で約33年と言われる時間を過ごされました。もともと神であられるお方が天の王座を捨てて(!)、人となられたのは、私たち罪人を救うためでした。実に、人の罪を背負うためにその生涯の初めから終わりまでを歩まれたのです。今、世の中はまことの救い主を知らないために、迷い、見捨てられたと思い込み、争いや競争、失望で満ちています。今週は「受難週」(final week, passion week)です。主イエスも、世の悩みの中に身を置き、そのただ中を歩まれ、すべての苦しみを経験されました。ただ十字架の一地点・数時間だけでなく、その生涯を通じて、人としての限界を持ってこの世を過ごされたのです。これこそ、私たちの苦しみを理解し、悩みのときもともにいて、助けてくださるしるしです。以下の聖書箇所をたどりつつ過ごしてみましょう。


日曜:ろばの子に乗りエルサレムに入城する  *マタイ20:1-9、マルコ11:1-10他

月曜:宮をきよめる             *マタイ21:12

火曜:様々な議論/世の終わりについて話す   *マタイ22-25章、ルカ20-21章

水曜:香油を注がれる/ユダの裏切り      *マルコ14:3-9他

木曜:弟子の足を洗う/最後の晩餐/ゲツセマネの祈り/弟子の裏切り/ペテロの否認 

*ヨハネ13:1-20、マルコ14:17-50

金曜:不当な裁判/十字架につけられる *マタイ26:57-27:56ヨハネ18:12-19:30

土曜:墓の中 *ヨハネ19:31-42他

日曜:復活 *マタイ28:1-15、ヨハネ20:1-25他


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Comments


bottom of page