top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「回顧と展望」

◆本日は大晦日(New Year’s Eve)。礼拝で締めることができるのは心身の切り替えにもちょうどよさそうです。一年365日で切り替わるのは、時を支配しておられる主からの恵みですね。まずは2023年に与えられた主からの恵みに思いをはせてみましょう。聖書では恵みは主が「施す」ものだと教えています。ありとあらゆる恵みは、主の御手による贈り物。機械的、自動的に降って来るものではなく、主があなたに目を留め、時にかなって恵みを施してくださるのです。まずこの年を振り返るとき、それは良いことがあったと安堵するだけでなく、この私に主が恵みを施してくださったことを味わいましょう。そして、この回顧で大切なことはいわゆる嬉しいことだけではなく、主が施された「訓練」は何だっただろうかと思いめぐらすことです。親がその子を愛するがゆえに訓練するように、神は私たちを聖さにあずからせようと訓練なさいます。それはものであり、次の年に義と言う平安の実を結ばせるために必要な訓練だからです。もし、私たちが居心地のよさ、すべて願い通りという生ぬるさの中だけで2023年を過ごしてきたし(そんなわけはありませんが)、そうであるべきだと考えているならよく回顧することで信仰の目を開いていただきましょう。回顧は申命記に代表されるように、神への不信仰と民の不面目とから目をそらさず自らを悔い改めることです。そして、ひと晩過ごすと新たな年明けを迎え、展望の機会となります。はじめに、大きな方向を定めることをおすすめします。それから具体的な事柄や目標を挙げていきましょう。そして「~しない」という消極的行為よりも「~する」という積極的行為を重視し、「~までに」「〇回」など期限や目標値まで掲げられると継続性が上がります。「自分たちの最も聖なる信仰の上に、自分自身を築き上げなさい。」(ユダ20)

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

댓글


bottom of page