top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「回顧と展望」

◆本日は大晦日(New Year’s Eve)。礼拝で締めることができるのは心身の切り替えにもちょうどよさそうです。一年365日で切り替わるのは、時を支配しておられる主からの恵みですね。まずは2023年に与えられた主からの恵みに思いをはせてみましょう。聖書では恵みは主が「施す」ものだと教えています。ありとあらゆる恵みは、主の御手による贈り物。機械的、自動的に降って来るものではなく、主があなたに目を留め、時にかなって恵みを施してくださるのです。まずこの年を振り返るとき、それは良いことがあったと安堵するだけでなく、この私に主が恵みを施してくださったことを味わいましょう。そして、この回顧で大切なことはいわゆる嬉しいことだけではなく、主が施された「訓練」は何だっただろうかと思いめぐらすことです。親がその子を愛するがゆえに訓練するように、神は私たちを聖さにあずからせようと訓練なさいます。それはものであり、次の年に義と言う平安の実を結ばせるために必要な訓練だからです。もし、私たちが居心地のよさ、すべて願い通りという生ぬるさの中だけで2023年を過ごしてきたし(そんなわけはありませんが)、そうであるべきだと考えているならよく回顧することで信仰の目を開いていただきましょう。回顧は申命記に代表されるように、神への不信仰と民の不面目とから目をそらさず自らを悔い改めることです。そして、ひと晩過ごすと新たな年明けを迎え、展望の機会となります。はじめに、大きな方向を定めることをおすすめします。それから具体的な事柄や目標を挙げていきましょう。そして「~しない」という消極的行為よりも「~する」という積極的行為を重視し、「~までに」「〇回」など期限や目標値まで掲げられると継続性が上がります。「自分たちの最も聖なる信仰の上に、自分自身を築き上げなさい。」(ユダ20)

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教会総会に際して」

◆本日は教会総会を開催します。年に1度の改まった会議になりますが、以下3つの点に留意しながら有意義な営みとしましょう。 ◆1つ目は回顧するためです。「主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな」(詩篇103:2)と命じながら信仰生活を歩んだダビデに倣います。2023年の恵みを思い返し、それに対してどのように計画していたか、それがどうなったかを確認します。「主のあわれみ・・・朝ごとに新しい」(哀歌3

「山本明子姉の召天」

◆2月10日、土曜の夜山本明子姉が召天されました。およそ2年4カ月におよぶ闘病生活でした。私自身は病院での明子姉との交わり、記憶しかありませんが、めぐみ教会の皆さんや入江先生ご夫妻から明子姉の信仰の姿についてたびたび教えていただきました。病院を訪問した際、明子姉は言葉を話すことはできませんでしたが、瞳、顔の表情、声で交わりをもってくださいました。また賛美をすると涙を流され、帰りにはしっかりと手を握

「会話における男女の違い」

◆私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団というグループに属しています。今は265余の教会・伝道所が日本とカナダ(1教会)にあります。本日は月刊機関紙「世の光」が配布されていますので、ぜひお読みになってください。国内の教会や国外の宣教地、信徒や教会の証し、また教会と国家や社会問題、被災地や福利厚生などどこからでも関心を持てる記事を見つけることができます。 ◆その中で12ページに掲載されて

bottom of page