top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「次の教会のすがた(その15)」

◆教会総会にて私たちめぐみ教会は「ゴスペルハウス」の取り組みスタートを決議いたしました。説明が足らないところも多々あると思います。これから「100日祈祷」を開始いたします。期間中何度か祈祷課題カードを更新しながら、祈りを積み上げてまいります。必要なことは主がすべて、また一つひとつ教えてくださることでしょう。なぜなら、私たちがイエス・キリストをかしらとし、主として祈り求めるとき、主は一人ひとりを丁寧に導き、みこころを示し、教えてくださると信じるからです。私たちは主の計画を行うために召された者の集まりです。それゆえ、まず私たちは主イエス・キリストがこのゴスペルハウスについて何を成し遂げようとされておられるのか、どのような道筋で歩んでいけばよいのか、何を準備すればよいのかをはっきりと教えていただく必要があります。誰の声を聞くのでもなく、主の声を聞きましょう。そのために心を一つにして祈り始めたいと願います。

◆本日祈祷カード第一弾を配布いたしました。毎日、祈ってください。また、個人だけでなく、教会・兄弟姉妹とともに祈る機会もこれから持っていきますので、それについてはまたご案内いたします。聖書にも個人や教会での祈りの手引きとなる聖句がありますので、ご紹介します。

◆私の心が主と一つとされるために/主を主として心に据えられるように:「主よ あなたの道を教えてください。私はあなたの真理のうちを歩みます。私の心を一つにしてください。御名を恐れるように」(詩篇86篇11節)

◆教会が心一つにして祈りに集中できるように:「彼らはみな、女たちとイエスの母マリア、およびイエスの兄弟たちとともに、いつも心を一つにして祈っていた」(使徒1章14節) 主よ、私たちをあなたに祈る者にしてください!

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教団と教会」

私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団に属しています。今は国内外に249教会と16伝道所(教会内)があります。教団については、一つの教会ではできないことが教団として力を集約することで実現していけるという利点があります。この福岡めぐみ教会や私が以前に仕えていた盛岡みなみ教会も「教団レベル開拓」として国内宣教を前進させた素晴らしい仕組みです。また国外宣教も同様に、一つの教会で宣教師を立て、

「町のために」

◆先週は福田真理師夫妻を迎えての礼拝、午後の教会セミナーがありました。主が私たちの教会に遣わしてくださった恵みに感謝します。午後はエレミヤ書29章4-7節を朗読して始まりました。そこには、バビロン帝国という異国に引いて行かれたイスラエルの民について書かれています。その町の平安を求め、その町のために主に祈り、その町に平安(シャローム)をもたらしなさいという命令です。異国の地や人々、その習慣を嫌悪する

「教会で育まれること」

◆信仰生活には個人と共同体の両面があります。時代ごとにいずれか片方が強調される傾向があり、それが強くなりすぎるともう片方にゆり戻していく動向があります。個人面が最大限に強調されると、荒野や砂漠に退いて、一人で信仰を磨いていくようなイメージです。周囲との摩擦や雑音がないので時に快適かもしれませんが、成長が自覚できないときには次第に信仰の確信が薄れていく消極点もあります。共同体面が最大限に強調されると

Comments


bottom of page