top of page

福岡めぐみ教会

日本同盟基督教団

「次の教会のすがた(その15)」

◆教会総会にて私たちめぐみ教会は「ゴスペルハウス」の取り組みスタートを決議いたしました。説明が足らないところも多々あると思います。これから「100日祈祷」を開始いたします。期間中何度か祈祷課題カードを更新しながら、祈りを積み上げてまいります。必要なことは主がすべて、また一つひとつ教えてくださることでしょう。なぜなら、私たちがイエス・キリストをかしらとし、主として祈り求めるとき、主は一人ひとりを丁寧に導き、みこころを示し、教えてくださると信じるからです。私たちは主の計画を行うために召された者の集まりです。それゆえ、まず私たちは主イエス・キリストがこのゴスペルハウスについて何を成し遂げようとされておられるのか、どのような道筋で歩んでいけばよいのか、何を準備すればよいのかをはっきりと教えていただく必要があります。誰の声を聞くのでもなく、主の声を聞きましょう。そのために心を一つにして祈り始めたいと願います。

◆本日祈祷カード第一弾を配布いたしました。毎日、祈ってください。また、個人だけでなく、教会・兄弟姉妹とともに祈る機会もこれから持っていきますので、それについてはまたご案内いたします。聖書にも個人や教会での祈りの手引きとなる聖句がありますので、ご紹介します。

◆私の心が主と一つとされるために/主を主として心に据えられるように:「主よ あなたの道を教えてください。私はあなたの真理のうちを歩みます。私の心を一つにしてください。御名を恐れるように」(詩篇86篇11節)

◆教会が心一つにして祈りに集中できるように:「彼らはみな、女たちとイエスの母マリア、およびイエスの兄弟たちとともに、いつも心を一つにして祈っていた」(使徒1章14節) 主よ、私たちをあなたに祈る者にしてください!

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「教会総会に際して」

◆本日は教会総会を開催します。年に1度の改まった会議になりますが、以下3つの点に留意しながら有意義な営みとしましょう。 ◆1つ目は回顧するためです。「主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな」(詩篇103:2)と命じながら信仰生活を歩んだダビデに倣います。2023年の恵みを思い返し、それに対してどのように計画していたか、それがどうなったかを確認します。「主のあわれみ・・・朝ごとに新しい」(哀歌3

「山本明子姉の召天」

◆2月10日、土曜の夜山本明子姉が召天されました。およそ2年4カ月におよぶ闘病生活でした。私自身は病院での明子姉との交わり、記憶しかありませんが、めぐみ教会の皆さんや入江先生ご夫妻から明子姉の信仰の姿についてたびたび教えていただきました。病院を訪問した際、明子姉は言葉を話すことはできませんでしたが、瞳、顔の表情、声で交わりをもってくださいました。また賛美をすると涙を流され、帰りにはしっかりと手を握

「会話における男女の違い」

◆私たち福岡めぐみ教会は日本同盟基督(キリスト)教団というグループに属しています。今は265余の教会・伝道所が日本とカナダ(1教会)にあります。本日は月刊機関紙「世の光」が配布されていますので、ぜひお読みになってください。国内の教会や国外の宣教地、信徒や教会の証し、また教会と国家や社会問題、被災地や福利厚生などどこからでも関心を持てる記事を見つけることができます。 ◆その中で12ページに掲載されて

Comentarios


bottom of page